障害学生修学支援情報に関するご質問

支援体制

どのようにして修学支援を始めたらよいのでしょうか。

A.

修学支援は、障害学生からの支援の申請があってから具体的な内容を検討するというのが基本的な姿勢ですが、それぞれの大学における障害学生の実態を把握しておくことは重要なことです。また、障害学生が、支援の申請を出しやすくするように、相談窓口を明確にし、必要な情報を提供できる体制を整えておきましょう。

入学者選抜に特別な配慮が必要な場合、事前に申し出を受け付ける大学が一般的となっています。出願の際に、支援が必要と思われる障害学生を把握することができます。
それ以外にも、年度初めの健康診断、本人や保護者からの申し出等により明らかになる場合もあります。授業担当教員や友達を通じて情報が入ってくる場合もあります。

支援が必要な場合は、学内の関係部署の連携が不可欠です。障害学生を把握するだけではなく、必要な情報が管理され、学内の連携が図られるような体制ができていることが大切です。

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。