地域連携型インターンシップの実施事例を掲載しています。
(掲載大学等は五十音順)

岡山大学

「国際インターンシップ」

【ポイント】

「地域連携」「環境教育」「異文化体験」「全学部・研究科対象」「全年次対象」「単位制」

【概要説明】

2014年度に採択された文部科学省のスーパーグローバル大学創生支援事業の一環として、2015年度より開講した科目です。
森林資源の持続的利用について考えることを契機に、地球環境問題を身近な課題として学び、学生自身の専門分野への視野を広げるとともに、大学での学びをより深化させることを目的として、岡山県内の林業・林産業関連企業および地方自治体との包括連携協定に基づく林業教育コンソーシアムの協力を得て、事前・事後教育と2~4週間の就業体験を行うプログラムです。全学部、全研究科、全学年の学生が履修でき、教育効果を上げるため、就業内容は受入先の特色を反映したものとなるように大学と協議したうえで決定しています。
また、カナダのブリティッシュコロンビア大学(以下、「UBC」と略す)と学生交流協定を締結し、UBCのコーオプ教育プログラムの学生を大学に受け入れて、本プログラムと同時開催します。それにより、学生は就業と異文化交流を同時に経験し、日本とカナダの林業、自然、文化を比較体得することで、グローバルな視野を持って、課題の抽出と解決に向かう能力を養うことができます。

【関連資料等】

共愛学園前橋国際大学

「長期インターンシップ」

【ポイント】

「地域連携」「長期」「全学部対象」「2・3年次対象」「単位制」

【概要説明】

全学の収容定員は1,000名に満たないものの、学生の85%が群馬県出身で、卒業生の70%が県内就職するという大学の特性を最大限に生かし、学長の強力なリーダーシップのもと、教職員全員がフラットかつ主体的に参画する大学運営により意思決定が迅速に行われ、「地域との共生」をモットーとした質の高い教育を実践しています。
このインターンシップは、2014年度の「地(知)の拠点整備事業(COC)」に採択されたのを機に、前橋市と協働し、地学一体で地域人材育成に取り組む目的により教育カリキュラムの改革を行い、それらの科目の中のサービスラーニングタームを利用した半年間の地域留学の一環として、2015年度から導入されたプログラムです。
これからのグローバル社会で生き抜く力(足許を見据え、現実の問題に立ち向かう能力)を持つ学生を育てるため、前橋市役所の他、県内の民間企業等で4ヶ月間実習を行います。
実習の成果は、年度末に実施される成果報告会にて、学生自身が研修先機関や大学関係者等にプレゼンテーションを行い、評価委員会が「グローカル人材」としての成長を評価しています。

【関係情報】

注)当ページに掲載している資料は必ずしも最新のデータではありません。
各プログラムの内容について詳細をお知りになりたい場合は、各実施大学等に直接お問い合わせください。