平成29年(2017年)9月1日

平成29年度調査へのご協力依頼について

本調査は、大学、短期大学、高等専門学校における障害のある学生の修学支援の充実に資するため、平成17年度より実施しています。
平成19年度以降、ほぼ100%の回答率を維持する悉皆調査として、本機構の障害学生支援事業のみならず、国や各大学等の様々な取り組みに活用されています。
関係者各位のご協力に改めて感謝申し上げますと共に、本年度調査にも変わらぬご協力をいただきますようお願い申し上げます。
なお、本調査は、以下の点に留意して実施いたします。
調査は、統計的に処理を行ない、個々の学校の状況は公表しません。
学校単位の個別情報や個人情報の保護・管理については十分な配慮を行ないます。収集した情報は、研究及び政策立案のために使用しますが、学校及び個人が特定できる分析は行ないません。

調査票について

調査票の配付

回答を記入する調査票は、以下よりダウンロードしてください。
調査票の様式は、学校種(大学、短期大学、高等専門学校)によって違います。以下の調査票様式(Excel形式)のうち、貴学に該当する様式をダウンロードしてください。

※12.発達障害が疑われる学生への支援(2)発達障害が疑われ、なんらかの支援を行なっている学生数における入学者数の年度に誤りがございましたので、再掲示いたしました(平成29年9月4日再掲示)。
正しくは「29年度入学者数」です。
※短期大学用調査票7.障害学生数「他の慢性疾患」「他の精神障害」「その他の障害」のエラー表示に誤りがございましたので、再掲示いたしました(平成29年9月12日再掲示)。

記入方法

詳しくは、学校宛てにお送りした本調査依頼状に同封した「調査の手引」をご参照ください。
「調査の手引」は、大学、短期大学、高等専門学校共通です。PDF版が必要な方は、以下よりダウンロードしてください。

回答締切

平成29年10月31日(火曜日)

回答を記入した調査票を、メールに添付して、以下のメールアドレス宛てにお送りください。
メールのタイトルや回答のファイル名については、「調査の手引」をご参照ください。

注意

  • 障害学生が在籍していない学校もご回答ください(障害学生在籍の有無に関わらず回答する欄があります)。
  • 同一大学内に短期大学(部)を有している場合は、「大学・大学院用 調査票」「短期大学用 調査票」のそれぞれを使用し、大学分と短期大学分の2通の回答を作成してください。
  • 統合された学校でも、旧校名での在籍学生がいる場合は、旧校名宛てにも依頼状をお送りしています。旧校名の在籍学生分は、統合先の学校とは別に、旧校名の回答を作成してお送りください。
  • ダウンロードした調査票様式または「調査の手引」ファイルが破損している等で開けない場合または、ウェブサイトからダウンロードできない場合等は、下記へお問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)学生生活部障害学生支援課障害学生調査・分析係

電話:03-5520-6176
FAX:03-5520-6051
E-mail:tokubetsushien【@】jasso.go.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。