【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:1,000から1,999人

対象学生

学科(専攻):非公表、精神障害(他の精神障害)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

緘黙があり、通常、口頭での意思疎通は難しい状況。言葉だけでなく、身体を使って意思表示をしない状況。
保護者からは、特段の対応を求められてはいない。

学校の対応

1.関わった部署

教育部門(学部、学科等)、保健管理センター等

2.対応内容

入学時に保護者から状況の説明があった。大学では、同様の状況については、経験がないため十分な対応ができないこともあることは伝えた。毎学期の保護者面談にて、保護者と大学での状況を共有している。学科の教員で状況を共有した。口頭でのプレゼンでは、担当教員の配慮で、紙媒体を使用してのプレゼンとした。

その後の経過

通常、口頭や表情など身体表現での意思疎通は非常に難しい状況であり、教員との意思疎通、発表(口頭)等に課題がある。

【参照】