障害のある学生には災害時に一層の困難が生じることを認識し、普段から本人と対策を話し合っておくことが大切です。また、日常の支援を通して地域の役場、近隣の大学等や関係機関との間で構築される連携が、災害時に大きな助けになると考えられます。各大学等の実状に合わせて、障害のある学生一人ひとりの特性に配慮した支援計画を立てておくことが重要です。

障害種別参照先

障害種別に応じた災害時の支援に関する詳細は、各章を参照してください。

共通確認事項