「障害学生への支援をどうやっていいかわからないし、 聞ける人もいない・・・。 」 
このように一人で悩んでいる大学等の障害学生支援担当者は多いのではないでしょうか?
そのような支援担当者の思いに応えるのが「障害学生修学支援ネットワーク」です。
「障害学生修学支援ネットワーク」では、全国の大学や関係機関がネットワークを作り、一丸となって大学等の障害学生修学支援体制の整備を目指すものです。

地域ブロック別の「拠点校」を中心とした全国的なネットワーク作り

 「障害学生修学支援ネットワーク」では、当面の目標として、全国を8の地域ブロックに区分し、各地域ブロックに積極的な取り組みを行なっている大学などを「拠点校」として、大学等間のネットワークを構築します。
 拠点校は、該当地域の障害学生修学支援体制の整備や、取り組みの共有化を図ります。また、「協力機関」は、障害者施策に係る専門的な研究機関として、各拠点大学をサポートします。
 運営は、JASSOが事務局となり、協力機関及びJASSOから推薦を受けた者とともに、「障害学生修学支援ネットワーク運営委員会」で、協議・運営を行ないます。

障害学生修学支援ネットワークイメージ

障害学生修学支援体制の整備を図る3つの事業

相談
 障害のある学生への支援に関する悩みを抱えている大学等の担当者の思いに応えるもので、大学等の教職員からの相談に対して「拠点校」が経験に基づいた相談対応を行なっています。

「拠点校」への相談方法
大学などにおいて初めて障害のある学生を受け入れる場合などの相談について、障害学生修学支援ネットワークの「拠点校」が受け付けます。
既に積極的な取組を行ない、経験・実績が豊富な「拠点校」に相談し、必要な情報を得ることは、より効率的な障害学生修学支援に繋がります。
各「拠点校」の情報をウェブサイトなどで確認し、相談先を決定してください。
「拠点校」に相談を申し込む方法は、下記URLに記載しています。
「拠点校」への相談申込方法

理解啓発
障害学生支援の取組の普及や質の向上を目的としたセミナー等を、全国の大学などを対象として、日本学生支援機構(JASSO)と拠点校が共催で開催しています。

研究促進
全国的な障害学生支援の質の向上を図るため、より先進的な調査研究を進め、その成果を全国の大学などに提供します。 

 「障害学生修学支援ネットワーク」の構築にはたくさんの大学、関係機関などの協力、結束が必要です。より多くの未来ある障害学生が大学等で学び、大学等がユニバーサルアクセスを実現できるように、障害学生を応援していきましょう。

イメージ