ホーム » 奨学金 » 奨学金の繰上返還

奨学金の繰上返還

第一種奨学金、第二種奨学金とも返還期日の到来していない割賦金を繰り上げて返還することができます。

繰上返還の申込方法について、従来の郵送・FAX・電話に加えスカラネット・パーソナル」から申込ができるようになりました。

⇒「スカラネット・パーソナルのトップ画面へのリンク

⇒「繰上返還申込書(PDFファイル:119KB)

 

※平成27年3月卒業者については、「繰上返還を希望する場合-平成27年3月卒業者の繰上返還について-」のページをご覧ください。

 

繰上返還した場合、その繰上げた回数分は期間短縮となります。

第二種奨学金の場合、その繰上にあたる期間の利息はかかりません。
なお、繰上返還した場合でも据置期間利息はかかりますのでご注意ください。

※据置期間利息とは・・・据置期間中(以下のア.及びイ.参照)賦課される利息のことです。据置期間利息は、初回返還期日から最終回返還期日までの返還で均等に分割し、その分割額を各割賦額に含めます。

ア.月賦返還の場合

  借用期間終了の翌月から初回返還期日の前月27日までの利息

  (例) 借用期間終了2014年3月 初回返還期日2014年10月27日の場合
      据置期間 2014年4月1日〜2014年9月27日

イ.半年賦返還の場合(併用返還のうち)

  借用期間終了の翌月から初回返還期日の6か月前の月の27日までの利息

  (例) 借用期間終了2014年3月 半年賦初回返還期日2015年1月27日の場合
      据置期間 2014年4月1日〜2014年7月27日

 

 

奨学金の全額又は一部繰上返還を希望するときは、スカラネット・パーソナルで申込むかまたはナビダイヤルに連絡、もしくは「繰上返還申込書」を文書・FAXにて本機構に送付してください。

※ 機関保証制度加入者は本人以外の方(親権者の方等)からナビダイヤルにて繰上返還を申し込むことはできません。

 

奨学金の繰上返還の申込方法

申込方法
申込先
申込期間
スカラネット・パーソナル
(インターネットでの申込)
スカラネット・パーソナル 繰上返還を希望する月の前月中旬〜当月中旬
申込期間詳細
郵送・FAX
繰上返還申込書(PDFファイル:119KB)
〒162-8412
東京都新宿区市谷本村町10−7
日本学生支援機構 奨学事務センター
FAX :03−6743−6683
繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締め切り
(締め切り前3ヶ月間が申込期間)
電話 奨学金返還相談センター 繰上返還を希望する月の前月

 

スカラネット・パーソナル申込期間詳細

振替希望月
繰上返還受付期間
平成26年9月振替 平成26年8月16日   午前8時00分 〜 平成26年9月16日    午前1時00分
平成26年10月振替 平成26年9月16日   午前8時00分 〜 平成26年10月15日 午前1時00分
平成26年11月振替 平成26年10月15日 午前8時00分 〜 平成26年11月14日 午前1時00分
平成26年12月振替 平成26年11月14日 午前8時00分 〜 平成26年12月16日 午前1時00分
平成27年1月振替 平成26年12月16日 午前8時00分 〜 平成27年1月15日   午前1時00分
平成27年2月振替 平成27年1月15日   午前8時00分 〜 平成27年2月17日   午前1時00分
平成27年3月振替 3月貸与終了者以外 平成27年2月17日   午前8時00分 〜 平成27年3月17日   午前1時00分
3月貸与終了者 平成27年3月2日     午前8時00分 〜 平成27年3月17日   午前1時00分

 

 

郵送・FAXによる繰上返還の申込は、繰上返還を希望する月の1か月前に締め切ります。締め切り前3か月間が申込期間となります(下図参照)。

電話による繰上返還の申込は、繰上返還を希望する月の前月に受付します。

(例)郵送・FAXによる繰上返還の受付期間

10月27日に繰上返還を希望 … 〔受付期間〕 6月28日から9月27日

11月27日に繰上返還を希望 … 〔受付期間〕 7月28日から10月27日

 

繰上返還申込期間


郵送・FAX・電話からお申込の場合には、あらためて繰上返還の引き落としをする月の中旬頃、金額を文書で通知いたします。(繰上返還に伴う手数料は不要です。)

※振替月の中旬頃になっても機構より文書が届かない場合は、お問い合わせください。

 

 

●繰上返還を希望する場合の注意点

・記入漏れがある「繰上返還申込書」は受付できません。処理できず返却になると、希望月に繰上返還ができなくなることがあります。

 特に、振替月が未記入のものが多く見られます。提出する際に記入漏れがないか確認してください。

 

 

(例) 第二種奨学金を返還中のA子さんの場合
  • 借用金額 1,200,000円
  • 年利率 1.9333333%
  • 月賦返還
  • 返還回数 144回

 

<通常返還した場合>
34回目〜43回目(毎月支払)=94,230円
返還金額 94,230円

 

<繰上返還した場合>

1回目から33回目まではすでに返還済みで、2014年9月27日に繰上返還(当月分+繰上9回分=計10回分)する場合
34回目(当月分)=9,423円

35回目〜43回目(繰上分)=71,620円
返還金額 81,043円

 

※繰上げ返還した場合、2014年9月27日に引き落とされる金額は81,043円となります。
35回目〜43回目までの、通常返還した場合にかかる、13,187円
の利息はかかりません。

⇒(通常返還した場合の合計)94,230円−(繰上げ返還した場合の合計)81,043円=(繰上期間の利息の合計)13,187円

 

<繰上返還後の次回返還期日>

43回目まで返還を終えたことになりますので、次回は44回目の返還となります。

繰上げた回数分は期間短縮となります。2015年7月27日返還期日分が、2014年10月27日返還期日分に繰り上がります。

 

 

<通常返還した場合と繰上返還した場合の返還金額表>

返還回数
返還期日
割賦金
元金
利息
据置利息
残元金
34
2014年09月27日
9,423
7,816
1,528
79
941,206
35
2014年10月27日
9,423
7,828
1,516
79
933,378
36
2014年11月27日
9,423
7,841
1,503
79
925,537
37
2014年12月27日
9,423
7,853
1,491
79
917,684
38
2015年01月27日
9,423
7,866
1,478
79
909,818
39
2015年02月27日
9,423
7,879
1,465
79
901,939
40
2015年03月27日
9,423
7,891
1,453
79
894,048
41
2015年04月27日
9,423
7,904
1,440
79
886,144
42
2015年05月27日
9,423
7,917
1,427
79
878,227
43
2015年06月27日
9,423
7,930
1,414
79
870,297
44
2015年07月27日
9,423
7,942
1,402
79
862,355
45
2015年08月27日
9,423
7,955
1,389
79
854,400







(この例で繰上返還した場合、2014年9月27日に引き落とされる金額は表中の黄色の部分です。35回〜43回までの「利息」(ピンクの部分)の合計13,187円はかかりません。)


※第一種奨学金については、利息がないため返還総額は変わらず返還期間が短縮されます。

 

 

■■「繰上返還」に関するよくあるお問い合わせ■■

※下記以外のお問い合わせについては、「奨学金Q&A 〜奨学金の返還〜」をご確認ください。

  

Q1.繰上返還通知が届かない。

【A】郵送・FAX・電話からお申込の場合には、前月の振替を確認してから処理するので、引き落としをする月の中旬頃通知を送付します。振替月の中旬頃になっても機構より文書が届かない場合は、お問い合わせください。なお、スカラネット・パーソナルからお申込の場合には、繰上返還通知は送付されませんので「申込済内容確認画面」にてご確認ください。

 

Q2.一部繰上返還したが、一部繰上返還後の残元金が違っている。

【A】一部繰上返還通知の(一部繰上返還後の次回返還)欄の残元金は、一部繰上返還後の金額を記載しています。この残元金をもとに次回の返還が行なわれます。

上記のケースですと、次回の返還である44回の返還回数、振替日、割賦金、元金、利息、据置期間利息が記載され、残元金は43回まで返還を終えた後の残元金870,297円を記載しています。

 

 

 

電話による相談・照会先

 

独立行政法人日本学生支援機構

奨学金返還相談センター

全国共通(ナビダイヤルについて

電話:0570-666-301

月曜〜金曜(祝日・年末年始を除く)

 

※海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話は、専用ダイヤル03−6743−6100をご利用ください。

 

返還に関する諸用紙の提出先及び請求先