ホーム » 奨学金 » 奨学金の繰上返還 »繰上返還を希望する場合-平成24年3月卒業者の繰上返還について-

繰上返還を希望する場合-平成24年3月卒業者の繰上返還について-

※卒業期以外の満期者、満期以外の貸与終了者についてはこれに準じて取り扱われます。


1.卒業前:在学中の繰上返還

全額繰上返還
繰上返還の可否 可能
申込期間 奨学金返還相談センターに電話で申込む場合は、平成24年3月1日〜平成24年3月21日(3月22日〜31日は受付できません。)。
「繰上返還申込書」を郵送・FAXで送る場合は平成24年2月中旬〜平成24年2月29日必着。
返還方法 繰上返還の申し出を受けた後(平成24年3月中旬以降)、「繰上返還通知」及び「払込取扱票(振込通知書)」を送付します。指定された期限までに郵便局または銀行から送金してください。
払込期限 平成24年3月30日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
利息はかかりません。(※1)
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還完了により保証料の一部が戻ります。(※2)

 

一部繰上返還

繰上返還の可否 可能
申込期間 奨学金返還相談センターに電話で申込む場合は、平成24年3月1日〜平成24年3月21日。
「繰上返還申込書」を郵送・FAXで送る場合は平成24年2月中旬〜平成24年2月29日必着。
返還方法 繰上返還の申し出を受けた後(平成24年3月中旬以降)、「繰上返還通知」及び「払込取扱票(振込通知書)」を送付します。指定された期限までに郵便局または銀行から送金してください。
払込期限 平成24年3月30日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
利息はかかりません。(※3)
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還期間が短縮されることにより、返還が完了した時に保証料の一部が戻る場合があります。

(※1) 第二種奨学金を払込期限経過後に入金した場合、4月1日以降利息が発生するため返還完了となりません。
(※2)在学中の返還完了の場合、保証料のおよそ7割が戻ります(ただし、返戻に要する経費600円を除いた額となります。)。 奨学金を受けた期間が1ヶ月など保証料が少額の場合は、戻らないことがあります。

(※3) 第二種奨学金については、一部繰上後の残元金に対して4月1日より利息がかかります。

 

【注意事項】
・ 「特に優れた業績による返還免除制度」(大学院奨学金第一種奨学金のみ)を申請される方は、 当該奨学金にかかる繰上返還を控えてください。

2. 卒業後の繰上返還

(1)据置期間(平成24年4月1日〜9月27日)の繰上返還

全額繰上返還
繰上返還の可否 可能
申込期間 繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締切。締切前の3ヶ月間が申込期間。
例)平成24年7月27日に全額繰上を希望する場合は、平成24年3月28日より申込みを受け付けます。電話の場合は奨学金返還相談センターに、郵便・FAXの場合は奨学事務センターに申し込んでください。
返還方法 払込用紙 (申込時期によっては口座振替)
払込期限 繰上返還希望月の27日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
4月1日以降全額繰上返還する月までの利息はかかります。
例)平成24年8月27日に全額返還の場合、平成24年4月1日から8月27日までかかり、8月28日以降分がかかりません。
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還完了により保証料の一部が戻ります。(※2)

 

一部繰上返還
繰上返還の可否 可能 
※ ただし、初回返還期日の返還として取扱います。繰上返還後の口座振替は11月から始まります(10月29日は振替がありません。)。
※「利息の取扱い」の記載事項にご注意ください。
申込期間 繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締切。締切前の3ヶ月間が申込期間。
例)平成24年7月27日に一部繰上を希望する場合は、平成24年3月28日より申込みを受け付けます。電話の場合は奨学金返還相談センターに、郵便・FAXの場合は奨学事務センターに申し込んでください。
返還方法 払込用紙 (申込時期によっては口座振替)
払込期限 繰上返還希望月の27日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
当初に算定された利息にくらべて、繰り上げられた割賦中に含まれている利息はなくなります。
ただし、初回返還期日の返還として取扱うため、据置期間利息は変わりません(初回割賦は、繰上扱いとなりません。)。
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還期間が短縮されることにより、返還が完了した時に保証料の一部が戻る場合があります。

 

(※1)「据置期間」とは、奨学金貸与終了の翌月(4月1日)から、約6ヶ月間(5ヶ月27日)の返還が据え置かれている期間のことです。第二種奨学金については、その間も利息(据置利息)は発生します。
(※2)据置期間中の返還完了の場合、保証料のおよそ7割が戻ります(ただし、返戻に要する経費600円を除いた額となります。)。奨学金を受けた期間が1ヶ月など保証料が少額の場合は、戻らないことがあります。

 

 

(2)据置期間経過後(平成24年9月28日以降)の繰上返還

全額繰上返還
繰上返還の可否 可能
申込期間 繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締切。締切前の3ヶ月間が申込期間。
例)平成24年10月29日に全額繰上返還を希望する場合は、平成24年6月28日より申込みを受け付けます。
返還方法 金融機関の口座振替
払込期限 繰上返還希望月の27日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
全額繰上返還する月までの利息はかかりますが、繰上にあたる期間の利息はかかりません。
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還完了時に保証料の一部が戻る場合があります。保証料返戻金額は繰上返還を行う時期、貸与額、貸与年数、返還年数によって異なります。

 

一部繰上返還
繰上返還の可否 可能
申込期間 繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締切。締切前の3ヶ月間が申込期間。
例)平成24年10月29日に一部繰上返還を希望する場合は、平成24年6月28日より申し込みを受け付けます。
返還方法 金融機関の口座振替
払込期限 繰上返還希望月の27日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
当初に算定された利息にくらべて繰上にあたる期間の利息分だけがなくなります。
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還期間が短縮されることにより、返還が完了した時に保証料の一部が戻る場合があります。

 


3. 卒業後・在学猶予中の繰上返還

(1)貸与中の奨学金がない場合

全額繰上返還
繰上返還の可否 可能
申込期間 繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締切。締切前の3ヶ月間が申込期間。
例)平成24年7月27日に全額繰上を希望する場合は、平成24年3月28日より申込みを受け付けます。電話の場合は奨学金返還相談センターに、郵便・FAXの場合は奨学事務センターに申し込んでください。
返還方法 繰上返還の申し出を受けた後、希望する月の中旬以降、「繰上返還通知」を送付しますので、振替口座(リレー口座)へ入金してください。(※1)
払込期限 繰上返還希望月の27日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
利息はかかりません。
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還完了により保証料の一部が戻ります。(※2)

 

一部繰上返還
繰上返還の可否 可能
申込期間 繰上返還を希望する月の1ヶ月前に締切。締切前の3ヶ月間が申込期間。
例)平成24年7月27日に一部繰上を希望する場合は、平成24年3月28日より申込みを受け付けます。電話の場合は奨学金返還相談センターに、郵便・FAXの場合は奨学事務センターに申し込んでください。
返還方法 繰上返還の申し出を受けた後、希望する月の中旬以降、「繰上返還通知」を送付しますので、振替口座(リレー口座)へ入金してください。(※1)
払込期限 繰上返還希望月の27日
利息の取扱い
(第二種奨学金の場合)
利息はかかりません。
機関保証制度の保証料の取扱い
(機関保証制度選択の場合)
返還期間が短縮されることにより、返還が完了した時に保証料の一部が戻る場合があります。

(※1)申込時期によっては払込用紙になります。
(※2)在学猶予中の返還完了の場合、保証料のおよそ7割が戻ります。(ただし、返戻に要する経費600円を除いた額となります。) 奨学金を受けた期間が1ヶ月など保証料が少額の場合は、戻らないことがあります。

 

 

 

(2)貸与中の奨学金がある場合

全額繰上返還
繰上返還の可否 不可(奨学金の貸与を受けながら返還を行うことはできません。)
 ・ただし、貸与中の奨学金を【1.辞退後】または【2.貸与終了後】であれば繰上返還は可能です。

※申込期間・返還方法・払込期限等については、

【1.辞退後】の場合

「3.卒業後・在学猶予中の繰上返還(1)貸与中の奨学金がない場合」を参照。

【2.貸与終了後】の場合

「1.卒業前:在学中の繰上返還」を参照。

 

一部繰上返還
繰上返還の可否 不可(奨学金の貸与を受けながら返還を行うことはできません。)
 ・ ただし、貸与中の奨学金を【1.辞退後】または【2.貸与終了後】であれば繰上返還は可能です。

※申込期間・返還方法・払込期限等については、

【1.辞退後】の場合

「3.卒業後・在学猶予中の繰上返還(1)貸与中の奨学金がない場合」を参照。

【2.貸与終了後】の場合

「1.卒業前:在学中の繰上返還」を参照。

4. 連絡先・送付先

< 郵便・FAX >
〒162-8412

東京都新宿区市谷本村町10−7
日本学生支援機構 奨学事務センター
FAX :03−6743−6683

 

< 電話 >

日本学生支援機構 奨学金返還相談センター

電話: 0570−03−7240