帰国外国人留学生研究指導事業

留学を終え、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

  • 派遣対象国: 開発途上国・地域等
  • 派遣期間(現地滞在期間): 7日以上10日以内
  • 支援内容: 往復渡航旅費、滞在費(現地滞在日額16,000円)、研究指導経費(上限100,000円)

学生実験指導風景

中国科学院楽城農業生態試験場の土壌水分計測サイト

募集要項

平成30年度の募集を締め切りました。

この日本文の要項と英訳文の間に表現、解釈等の疑義が生じた場合には、日本文を優先するものとして取り扱います。

  • 締切日:平成29(2017 )年11月30日(木曜日)(必着)とする。(この締切は、大学が日本学生支援機構へ書類を提出する期限です。帰国留学生の方は必ず自分の申請する大学に締切を確認してください。)
  • 申請書類は、「電子データ」及び「印刷物5部(様式1は原本1部)」の両方を提出してください。
    電子データ、印刷物を作成する際は必ず「大学用・提出上の注意」をご確認ください。
  • 電子データをメール送信する際は必ず「大学用・提出上の注意」に記載するパスワードを設定してください。
  • 申請書等に記載された個人情報は本制度及び帰国外国人留学生のフォローアップのために利用するものとし、その他の目的には利用しません。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。