奨学金の貸与を受けるにあたり、保証制度を選択する必要があります。「人的保証制度」と「機関保証制度」の2つの保証制度から、奨学金の貸与を受ける本人が選択します。
どちらを選択した場合でも、奨学金の貸与を受けた本人が奨学金の返還の義務を負うことに変わりはありません。
また、平成29年度以降、第一種奨学金の貸与を希望する人のうち、所得連動返還方式を選択した場合は、保証制度に機関保証制度を選択する必要があります。