奨学金の貸与を申し込むときに、「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」を提出し、個人信用情報機関の利用と登録等について同意する必要があります。個人信用情報機関への登録について同意がない場合は、奨学金の貸与を受けることができません。

個人信用情報機関とは、会員(銀行等)から消費者の個人信用情報(消費者のローンやクレジットに関する情報である契約内容、利用状況、返済状況など個人の経済的信用に関する情報)を収集・蓄積し、会員(銀行等)からの照会に対し信用情報を提供する業務を行う機関です。

返還が一定期間以上滞った場合、延滞となっていることが個人信用情報機関に登録されます。

  • 新規返還者については、返還開始後6か月経過時点で延滞3か月以上の場合に、個人信用情報機関に個人情報を提供し、当該機関に情報が登録されます(6か月経過以降は延滞3か月になった時点)。
  • 奨学金の貸与者全員の情報が登録されることはなく、延滞者のみが登録されます。
  • 一度登録されると、その後の返還情報(返還・延滞等)も登録され、返還完了後も5年間は登録されます。
  • 個人信用情報機関に延滞や代位弁済の情報が登録されると、クレジットカードが使えなくなったり、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンが組めなくなる場合があります。

個人信用情報機関への登録の流れ

個人信用情報機関の取扱いの仕組み