第一種奨学金の貸与月額についてアンケートを実施していますので、ご協力をお願いします。

第一種奨学金貸与月額の選択肢の追加について

平成30年度に大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)へ進学する人から、第一種奨学金の貸与月額の選択肢が増えます。
ただし、進学先の学校の種類や通学方法により選択できる月額は異なります。(下表参照)
また、高等専門学校においては、平成30年度以降に進学した人が4年生に進級する時にこの月額が適用されます。

【第一種奨学金貸与月額(平成30年度以降入学者の場合)】

1.大学の場合
区分 国公立 国公立 私立 私立
通学方法 自宅通学 自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
最高月額 45,000円 51,000円 54,000円 64,000円
最高月額以外の月額 30,000円
20,000円
40,000円
30,000円
20,000円
40,000円
30,000円
20,000円
50,000円
40,000円
30,000円
20,000円
※最高月額は、奨学金申込時の家計支持者の収入が一定額以上の場合は利用できません。
2.短期大学・高等専門学校(4・5年生)・専修学校(専門課程)の場合
区分 国公立 国公立 私立 私立
通学方法 自宅通学 自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
最高月額 45,000円 51,000円 53,000円 60,000円
最高月額以外の月額 30,000円
20,000円
40,000円
30,000円
20,000円
40,000円
30,000円
20,000円
50,000円
40,000円
30,000円
20,000円
※最高月額は、奨学金申込時の家計支持者の収入が一定額以上の場合は利用できません。

新しい貸与月額を含む貸与月額別の返還例(私立大学・自宅外通学の場合/私立短期大学・自宅外通学の場合)は次のとおりです。
返還についても十分に考えた上で、必要な月額を選択するようにしてください。

【第一種奨学金の返還例(定額返還方式・月賦返還の場合)】

1.私立大学(4年課程)・自宅外通学で48か月間貸与を受ける場合
貸与月額 貸与総額
(4年分)
返還期間 返還月額
64,000円 3,072,000円 18年 14,222円
50,000円 2,400,000円 15年 13,333円
40,000円 1,920,000円 13年 12,307円
30,000円 1,440,000円 13年 9,230円
20,000円 960,000円 10年 8,000円
2.私立短期大学(2年課程)・自宅外通学で24か月間貸与を受ける場合
貸与月額 貸与総額
(2年分)
返還期間 返還月額
60,000円 1,440,000円 13年 9,230円
50,000円 1,200,000円 12年 8,333円
40,000円 960,000円 10年 8,000円
30,000円 720,000円 9年 6,666円
20,000円 480,000円 9年 4,444円
  • 返還月額に返還回数(返還期間×12)を乗じた金額と貸与総額との差額については、最終の返還時に調整されます。
  • 所得連動返還方式については、貸与終了後の収入に応じて返還月額・返還回数が変動します。

第一種奨学金の貸与月額に関するアンケートについて

アンケート回答期限を平成29年11月24日(金曜日)まで延長していますのでご協力ください。

  • このアンケートは、平成30年度に大学等へ進学を予定している方のうち、第一種奨学金(貸与型・無利子)に申し込んだ方を対象としています。

【本アンケートに関するお問い合わせ先】
独立行政法人日本学生支援機構 奨学事業戦略課 特設窓口(第一種奨学金貸与月額アンケート)
設置期間:平成29年10月16日(月曜日)~平成29年11月24日(金曜日)平日9時30分~18時00分
電話番号:03-6743-3820