独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「JASSOについて」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

平成25年度 優秀学生顕彰 選考結果

1. 選考結果

今年度は、98名の応募があり、49名の入賞が決定いたしました。 その内訳をお知らせします。

応募者数と入賞者数

(単位:人)
  応募者数 大賞 優秀賞 奨励賞
学術 17 4 1 5
文化・芸術 28 3 6 5
スポーツ 45 8 9 5
社会貢献 8 1 0 2
合計 98 16 16 17
※奨励金:大賞…50万円、優秀賞…30万円、奨励賞…10万円

2. 入賞者一覧

学術

《大賞》4名

朝倉 高也  豊田工業高等専門学校 電子機械工学専攻 2年
〔ロボット工学〕ロボカップサッカー小型リーグにおける全方位移動ロボットの高速位置制御に関する研究。サッカーロボットの連携パス・シュートシステムの開発と国内大会・優勝。ロボカップ2012世界大会・3位入賞。

桶谷 龍成  大阪府立大学工業高等専門学校 総合工学システム専攻 2年
〔光触媒〕光触媒反応の有機合成への応用。光触媒反応によるジカルボン酸のラクトンへの変換に関する研究。国内学会発表。

早坂 一希  東北大学 医学部 6年
〔予防医学〕残存歯数が少ない高齢者における口腔ケアと死亡リスクとの関連についての前向きコホート研究。国際学術誌掲載。国内学会発表。

山下 聖悟  香川高等専門学校 電子情報通信工学専攻 2年
〔情報可視化〕国際シンポジウムISTS2012とiGO2012にて英語口頭発表。iGOでは発表賞取得。

《優秀賞》1名

松原 慶朋  明石工業高等専門学校 機械・電子システム工学専攻 2年
〔生体認証〕非定型文キーストローク認証の頑健性およびプロファイル生成手法の研究。国内外で筆頭著者として合計10回学会発表、2度受賞。

《奨励賞》5名

臼居 優希  慶應義塾大学 総合政策学部 4年
〔システム生物学〕ウイルスの分子進化を研究。インフルエンザウイルスと宿主ゲノムの相互作用が進化的に保存されている事を明らかにした。国内学会口頭発表。国際学会発表。

木下 裕規  熊本大学 医学部 5年
〔医学〕 近年報告された癌の進展に関わる新規遺伝子の、肝細胞癌における臨床的発現意義と予後予測因子としての有用性を検証した。その結果、肝細胞癌の進展と関与する可能性のある遺伝子を2遺伝子(xCT、CYLD)同定した。共に国際学術誌掲載。

福永 衣留  徳島大学 総合科学部 4年
〔細胞薬理学〕 1.ハーブ成分ビサボロールオキシドAがCa2+依存細胞死から細胞を保護する事を発見し国際誌論文発表。2.化学ストレスによる細胞内Zn2+増加がチオール量上昇を起こす細胞保護機序を検証し国内誌論文発表。

藤原 翔  東北大学 医学部 6年
〔医学〕先進国では稀と考えられてきたE型肝炎ウイルスによる肝炎が、臓器移植後や白血病などの免疫抑制・低下状態で見られることを、微生物学から診断、治療など幅広くまとめ、国際学術誌に筆頭著者として発表。

山本 遼太郎  長野大学 企業情報学部 3年
〔情報工学〕照明モデルと視覚モデルに基づいた航空機の操縦席の視界設計を行うための数値実験用のプラットフォームを開発。様々な物理モデルを与えることで操縦席から見える様々な視界を再現。

文化・芸術

《大賞》3名

倉冨 亮太  東京藝術大学 音楽学部 4年
〔ヴァイオリン〕ウィーンベートーヴェン国際コンクール・第1位、シゲティ国際コンクール・入賞、ミコラ・リセンコ国際コンクール・第3位、Violin of the North国際コンクール・第1位、大阪国際音楽コンクール・第1位。

常田 麻衣  東京藝術大学 音楽学部 4年
〔ファゴット〕第30回日本管打楽器コンクール・ファゴット部門・第1位。

松山 萌  東京藝術大学 音楽学部 4年
〔トランペット〕第30回日本管打楽器コンクール・トランペット部門・第1位、併せて文部科学大臣賞、東京都知事賞受賞。

《優秀賞》6名

川添 彩  多摩美術大学 造形表現学部 4年
〔映画〕オーバーハウゼン国際短編映画祭2012インターナショナルコンペティション・入選、イメージフォーラムフェスティバル2012ジャパントゥモロウ部門・大賞。

河野 翔太  立命館大学 経営学部 4年
〔珠算〕七夕そろばんワールド2012・特別競技・フラッシュ暗算・高校・一般の部・優勝、平成24年度全日本通信珠算競技大会・団体総合競技・一般の部・第1位、全国珠算競技大会・そろばんクリスマスカップ2012・団体総合競技・一般の部・優勝。

西尾 真衣  大阪大学 外国語学部 3年
〔マルチリンガル〕フランス語弁論大会・優勝、英語エッセイコンテスト・優勝、ドイツ語弁論大会・特別賞、フランス語暗誦大会・優勝、『日本No.1の頭脳王!大決定戦!!2013』の語学創造力部門で優勝、総合成績上位5人にも選ばれた。

二瓶 真悠  東京藝術大学 音楽学部 4年
〔ヴァイオリン〕第8回東京音楽コンクール・弦楽器部門・第1位、聴衆賞。

三鑰 彩音  多摩美術大学 美術学部 3年
〔日本画〕第23回臥龍桜日本画大賞展・優秀賞、第12回福知山市佐藤太清賞公募美術展・日本画の部・佐藤太清賞。

柳沢 光華  聖心女子大学 文学部 3年
〔弁論〕第57回文部科学大臣杯全国青年弁論大会・一般の部・優秀賞。

《奨励賞》5名

天久 梨奈  沖縄キリスト教短期大学 保育科 2年
〔琉球舞踊〕2012年度沖縄タイムス伝統芸能選考会・舞踊の部・最高賞。

大津 智子  慶應義塾大学 法学部 4年
〔ドイツ語弁論〕第43回天野杯ドイツ語弁論大会第三部・優勝。

加藤 丈晴  広島大学 総合科学部 3年
〔中国語〕第26回全日本中国語弁論大会・京都外国語大学総長賞(最優秀賞・第1位)。

萩原 瞳  名古屋モード学園 ファッションデザイン学科 4年
〔ファッション〕セカンドデザインコンテスト・最優秀賞。福井ファッショングランプリ・グランプリ。

平川 みな  京都教育大学 教育学部 3年
〔書道〕第64回毎日書道展・篆刻・U23部門・奨励賞(第1位)、第65回毎日書道展・篆刻・U23部門・奨励賞(第2位)。

スポーツ

《大賞》8名

糸山 真与  日本体育大学 体育学部 4年
〔シンクロナイズドスイミング〕2012年ロンドンオリンピック・5位。2013年世界水泳バルセロナ・チームフリーコンビネーション・4位。第27回ユニバーシアード・チームフリーコンビネーション・銀メダル。

大迫 傑  早稲田大学 スポーツ科学部 4年
〔陸上競技〕第26回ユニバーシアード男子10000メートル・優勝、第96回、97回日本陸上競技選手権大会男子10000メートル・2位、第80回日本学生陸上競技対校選手権大会男子1500メートル・優勝。

坂井 丞  日本体育大学 体育学部 3年
〔水泳飛込競技〕第66回国民体育大会水泳競技大会飛込競技・男子3メートル飛板飛込・優勝、第18回FINAダイビングワールドカップ男子3メートル飛板飛込・7位、2012年FINAダイビンググランプリ(イタリア大会)男子3メートル飛板飛込・優勝、2013年FINAダイビンググランプリ(カナダ大会)男子3メートル飛板飛込・2位、第15回世界水泳選手権男子3メートル飛板飛込・8位。

佐藤 圭太  中京大学 体育学部 4年
〔陸上競技(障害者)〕2010年広州アジアパラ競技大会陸上競技T44 200メートル・1位、2012年ロンドンパラリンピック4×100メートルリレー・4位、2013年IPC世界選手権陸上競技大会T44 200メートル・8位、4×100メートルリレー・4位。

塩浦 慎理  中央大学 法学部 4年
〔水泳〕第11回世界短水路選手権4×100メートルリレー・5位、第89回日本選手権水泳競技大会50メートル自由形・1位(日本新記録)、100メートル自由形・1位、第15回世界選手権4×100メートルメドレーリレー・3位、100メートル自由形・10位。

田中 琴乃  日本女子体育大学 体育学部 4年
〔新体操〕団体代表チーム主将。2011年ワールドカップポルトガル・4位、2011年ワールドカップウズベキスタンAll-Around・1位、 2011年世界選手権フランスAll-Around・5位、2012年ワールドカップロシアAll-Around・2位、2012年ロンドンオリンピック All-Around Final・7位。

山本 耕平  鹿屋体育大学 体育学部 4年
〔水泳〕第88回日本選手権水泳競技大会男子1500メートル自由形・優勝、第89回日本選手権水泳競技大会男子800メートル自由形・優勝、第27回ユニバーシアード日本代表、男子800メートル自由形・優勝、400メートル・2位、1500メートル・2位。

渡部 善斗  早稲田大学 スポーツ科学部 4年
〔スキー〕2012年ワールドカップフィンランドノルディック複合・チームスプリント・5位、2013年ワールドカップラハティ・個人戦・4位、2013年ワールドカップノルウェー・個人戦・3位、2013年世界選手権イタリア・団体・4位、2013年全日本選手権長野・2位。

《優秀賞》9名

東 佳弘  関西大学 人間健康学部 4年
〔陸上競技〕2012年関西インカレ・優勝、2012年日本選手権・3位、2012年ロンドンオリンピック男子4×400メートルリレー第3走者。

糸数 陽一  日本大学 文理学部  4年
〔ウェイトリフティング〕2011年世界ジュニア大会クリーン・アンド・ジャーク・3位、2012年全日本選手権大会・大会新記録優勝、2012年8月日本新記録樹立、2012年世界大学選手権大会・日本人初優勝、第27回ユニバーシアード・3位。

神下 豊夢  大阪体育大学 体育学部  4年
〔砲丸投げ(障害者)〕2011年日本選手権・2位。IWAS世界大会出場。2012年日本選手権・日本新記録優勝。2013年日本選手権・優勝・2連覇達成。

北村 公平  早稲田大学 教育学部 4年
〔レスリング〕第66回国民体育大会・3位、2012年天皇杯全日本選手権大会・2013年明治杯全日本選手権大会・上位入賞、2012年世界学生選手権・2013年アジア選手権・上位入賞。

髙橋 美帆  日本体育大学 体育学部 3年
〔水泳〕第26回ユニバーシアード・400メートル個人メドレー・2位、2012年ロンドンオリンピック・20位。日本学生選手権・優勝。

田中 泉樹  山梨学院大学 法学部  3年
〔ホッケー〕2012年ロンドンオリンピック・9位。チャンピオンズトロフィー・5位。アジアチャンピオンズトロフィー ・2位。第32回学生王座決定戦・優勝。

藤田 湖奈  鹿屋体育大学 体育学部 3年
〔水泳〕第27回ユニバーシアード・女子200メートルバタフライ・優勝。第89回日本選手権水泳競技大会・JAPAN OPEN・女子200メートルバタフライ・2位。

藤森 太将  日本体育大学 体育学部 4年
〔水泳〕第27回ユニバーシアード・200メートルメドレー・2位。第66回国民体育大会成年男子200メートル個人メドレー・2位、第87回日本学生選手権400メートル個人メドレー・2位。

森下 史崇  日本体育大学 体育学部 4年
〔レスリング〕2012年世界ジュニア・3位、2012年全日本選手権・1位、2013年ヤリギン国際大会・3位、2013年ワールドカップ・団体7位・個人3位、第27回ユニバーシアード・銅メダル。

《奨励賞》5名

三井 綾子  立命館大学 スポーツ健康科学部 4年
〔駅伝〕第15回日本学生女子ハーフマラソン大会・2位、第30回ニューカレドニア国際マラソン・女子ハーフマラソンの部・1位、第16回日本学生女子ハーフマラソン大会・2位、第27回ユニバーシアード・女子ハーフマラソンの部・個人7位・団体優勝、第30回全日本大学女子駅伝・優勝・第6区区間賞。

伊藤 彩香  至学館大学 健康科学部 3年
〔レスリング〕2012年文部科学大臣杯全日本学生選手権59キログラム級・優勝、2012年天皇杯全日本選手権59キログラム級・優勝、2013年全日本選抜選手権59キログラム級・優勝、2013年ヤリギン国際大会59キログラム級・3位。

上野 みなみ  鹿屋体育大学 体育学部 4年
〔自転車〕2011年トラック世界選手権大会・ポイントレース・4位。第26回ユニバーシアード・ポイントレース4位。第32回アジア自転車競技選手権大会・個人タイムトライアル・2位。

堀川 こず恵  日本体育大学 体育学部 3年
〔フェンシング〕第26回ユニバーシアード・女子エペ個人戦・43位、2012年全日本学生フェンシング選手権大会・女子エペ団体戦・優勝。2012年全日本フェンシング選手権大会・女子エペ団体戦・優勝、2013年全日本フェンシング選手権大会・女子エペ個人戦・優勝。第27回ユニバーシアード・女子エペ個人戦・36位。

渡辺啓太  阪南大学 国際観光学部 4年
〔スピードスケート ショートトラック〕第25回ユニバーシアード・5000メートルリレー・7位、1000メートル8位、2012年世界選手権5000メートルリレー・4位、世界ジュニア選手権・総合7位、3000メートルリレー・2位、2011年・2013年全日本選抜・総合優勝。

社会貢献

《大賞》1名

安原 元樹  中央大学 総合政策学部 3年
〔東日本震災復興支援〕2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市大島での震災復旧および復興支援活動。直接島民からニーズを聞き取り、柔軟に対応していける団体を目指す。学内外から学生を募集し、より多くの学生個人がメディアでは伝えられない現実を感じてもらう。大島島民、そして学生をつなぎ、いつか支援が必要なくなったのちも仲間としてつながりつづけられる関係作り。

《奨励賞》2名

石田 啓之  東北大学 医学部 5年
〔東日本震災復興支援〕 東日本大震災直後に全国募金活動を目的に設立された復興支援団体の中心メンバー。その後、被災地の子どもの心のケアを目的に、フットサル大会やスポーツイベントを定期的に開催するなどして支援活動を継続。

掛川 倖太郎  長野大学 社会福祉学部 4年
〔障害者支援活動〕聴覚障害のある人が、音声情報を手に入れられないことで生じる、生活のしづらさを解消するための活動。主に、1.学習会を通じての技術向上、2.学内外での字幕作成活動、3.ITを使っての防災活動。



(各分野毎に五十音順、敬称略)

3. 選考委員

阿江  通良   筑波大学理事・副学長
石﨑  朔子   日本女子体育大学特任教授
今市  涼子   日本女子大学理学部長
尾山  眞之助 大阪大学理事
川西  正志   鹿屋体育大学副学長・教授
北川  昌伸   東京医科歯科大学教授
北里  英郎   北里大学教授・医療衛生学部長
栗田  充治   亜細亜大学国際関係学部教授
宝木  範義   美術評論家、明星大学造形芸術学部教授
照屋  浩司   杏林大学教授・入試センター長
冨江  伸治   筑波大学名誉教授
西原  鈴子   国際交流基金日本語国際センター所長
丹羽  正明   音楽評論家
長谷山  彰   慶應義塾常任理事
濱中  義隆   国立教育政策研究所高等教育研究部総括研究官
森   利枝   独立行政法人大学評価・学位授与機構准教授
森田  昌嗣   九州大学大学院芸術工学研究院教授
渡邊  健二   東京藝術大学理事・教授
(五十音順、敬称略)

《日本学生支援機構関係選考委員》
遠藤  勝裕   理事長
德久  治彦 理事長代理
嶋倉   剛   政策企画部長

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 政策企画部 広報課
  • 〒162-8412 東京都新宿区市谷本村町10-7
  • 電話03-6743-6011(広報課直通)
  • FAX03-6743-6662

ピックアップ