独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「学生生活支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

7. 夏休み

夏休み

 夏休みは学生がいなくなるので、支援業務はありません、とは言えません。集中講義への対応があります。特に聴覚障害学生のためのノートテイカーの確保が問題です。
 夏休みの集中講義のノートテイクの担当は、夏休み前に決めますが、支援学生も夏休みは旅行に行きたい、サークルの合宿があるというような理由で、普段はきちっとやってくれる学生でも、夏休みは無理という場合もあります。ですから、人数を揃えるのがかなり難しいわけですが、拝み倒すようにして揃えても、間近になって、できなくなりましたといってくる支援学生もいます。普段と違い代わりの学生がいるわけではないので、これにはとても困るとのことです。不本意ながら障害学生に理由を話し、ノートテイカーをつけないということもあるそうです。

 夏休みの業務の二つ目は、前述しましたが、養成講座などの開催です。そろそろ支援学生間のスキルの違いも顕著になってきますので、一定レベルへの引き上げを図ります。
 
 ある大学で聞いた話ですが、ノートテイクに関して、どうしても技術的に他の学生と大きな差が出てしまうのでやめて貰ったということです。厳しいと思われるかもしれませんが、障害学生も授業にでて必死に勉強しているわけですから、止むを得ないことだと思います。
 なお、その学生の場合、自分でもそのことを理解していて、アドバイスに従ってノートテイクはやめましたが、他の支援作業を続けているとのことです。
 
 もう一つ、夏休みには、オープンキャンパスや大学公開などが開催されますが、ここでの参加者対応があります。将来、受験するかもしれない参加者に大学の支援体制などを説明することはとても重要です( → 入学相談・受験相談)。ある大学では障害学生支援室を公開していますが、これも支援担当者の発案です。

ピックアップ

  • イベントカレンダー
  • 教職員のための障害学生修学支援ガイド