独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol.84)

Japan Alumni eNews Vol. 84 2016年4月8日

桜

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名

日本の思い出

4月号のLife in Japan by Photoは「日本の思い出」をご紹介します。(敬称略)

タイトル:長崎ハウステンボスにて
  • 冀 薇(中国)

立命館大学
タイトル:長崎ハウステンボスにて

阿蘇山にて

タイトル:阿蘇山にて

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

「留学生ニュース」

NEWS 1:長期滞在外国人数が過去最高に

2015年日本の長期滞在外国人数が過去最高の約223万2,000人となったことを法務省が発表しました。2014年と比べ11万人増加しています。
国籍では、中国が1位で約66万6,000人。2位が韓国人で約45万8,000人ですが、ベトナムが約14万7000人となり、前年比約47%増と急増しています。背景には、日系企業のベトナム投資拡があります。これにより、日本語への注目度が高まり、日本への外国人留学生が増加しているとみられています。

NEWS 2:「労働力確保に関する特命委員会」が初会合、外国人活用を議論

経済成長のためには労働力の確保が不可欠です。初会合ではMUFG証券のチーフエコノミスト、ロバート・フェルドマン氏が講演し、今後の方策の1つとして、日本の大学において日本語で授業を受けて卒業する外国人留学生に自動的に永住権を取得できる権利を付与することなどを提案しました。外国人材活用の在り方について今後も議論を進めていき、委員会は5月の連休前に提言をまとめる方針です。外国人労働者の活躍が今後、期待されています。

「現役留学生」紹介

コスワッタゲー チャリット ジャヤナダ

氏名:コスワッタゲー チャリット ジャヤナダ(KOSWATHTHAGE CHARITH JAYANADA)
国籍:スリランカ
留学先大学:琉球大学大学院科
専攻:理工学研究科生産エネルギー専攻
学年:博士後期課程1年
日本留学期間:2007年4月~現在


 

子供のころから周りに日本の家電製品や車がありました。「メイド・イン・ジャパン」の製品はスリランカでとても信頼されています。アジアであり、先進国であり、研究に最適な環境が整っている日本であれば、自分の国でできない研究ができると考えて日本への留学を決めました。
日本へは2007年4月から熊本高等専門学校に入学し、卒業後に琉球大学へ進学し、現在は琉球大学大学院理工学研究科生産エネルギー専攻博士後期課程1年に在籍していますので来日して9年目になります。
来日した当初の日本の印象は、スリランカで子供の頃に、「おしん」というドラマが放映されていたので、日本人は常に着物を着ていると思っていましたが、実際に日本に来てみるとそんなことはありませんでした。日本語が話せない状態で日本に来ましたが、出会った人はみな優しく、コミュニケーションにはあまり困りませんでした。
大学では、スマートフォン、タブレットやテレビなどの液晶ディスプレイのスイッチングデバイスである薄膜トランジスタと同じ基板上に作成可能なフォトセンサに関する研究を行っています。フォトセンサは、特性向上により次世代のタッチパネルへの応用が期待されている研究です。
学業以外では、去年まで大学寮に住んでいましたが、自分で家を探して契約する経験をしてみたいと思い、大学の友人と一緒に探し、今年の1月からアパートで暮らしています。アパート選びからガス、水道、電気、インターネットなど引っ越しに関するありとあらゆる手続きを全て自分で行いました。大変でしたが、とてもいい経験になりました。
日本でお気に入りの場所は沖縄の海です。沖縄の海は透明度が高く、とても美しいこと有名ですが、なかでも宮古島市伊良部島の海は、言葉を失うほど美しいです。ビーチには、あまり人がいないので、どこまでも透き通る青い海やサラサラの砂浜、人の手が入っていない自然を独り占めできます。
将来は、半導体の分野で人の役に立つ革新的な発明を起こして、世の中の科学技術に貢献し、スリランカ人初、琉球大学初のノーベル賞受賞者になりたいです。そして、琉球大学で私の名前が付いた研究棟を建てることが私の夢です。
日本は教育水準が高く、安全で平和なので勉強するには適した国です。授業料も安く、奨学金が充実しており、現在、私はアルバイトをしていません。また、学業面だけではなく豊富な文化が体験できる国である日本で、自分の国ではできない体験を多くの学生にしてほしいと思います。

同窓会の窓

帰国留学生対象事業紹介

愛知県 帰国留学生連携推進事業

帰国留学生連携推進事業は、愛知県内の大学等を卒業した留学生のOB・OGが、愛知と母国の架け橋となり、様々な人材交流活動を行うことにより、双方の発展をめざす事業です。近年成長が著しいアジア諸国の中でも、留学生の増加率が大きく、また、平成20年に、愛知県が最初に経済交流に関する覚書を締結したベトナムにおいて、帰国留学生のネットワークを構築し、交流活動を行っています。平成22年11月、ハノイで、設立総会が開催され、正式に「ベトナム帰国愛知留学生ネットワーク(Vietnamese Aichi Ryugakusei OB・OG Network/略称VARONETバロネット)」が発足しました。

実施事業

バロネットは、名古屋事務局のほか、ベトナム本国のハノイ、ホーチミンに支部を設置し、現在、両国で約90名の会員が、ベトナムと愛知県の双方の発展に資する人材交流、会員相互の交流などに取り組んでいます。今後も、県内大学に留学した経験などを活かし、愛知県からベトナムへの進出企業や県内大学に進学を希望するベトナム人留学生へのサポートなどに取り組んでいきます

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

国立大学法人琉球大学

国立大学法人琉球大学

【プロフィール】(2015年5月1日現在)
名称:国立大学法人琉球大学
所在地:
千原キャンパス(沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)
上原キャンパス(沖縄県中頭郡西原町字上原207番地)
在籍者数:学部生7,318名、大学院生942名
※外国人留学生数には、非正規学生(科目等履修生や研究生等)も含まれている。

~アジア・太平洋へのゲートウェイ~

琉球大学は、第二次世界大戦後、米国の統治下にあるという苦境にもかかわらず、沖縄の戦後復興と教育再興のため「この沖縄の地に高等教育の学府を!」という県民の強い願いが米国軍政府を動かし、琉球列島初の大学として1950年に創設されました。その後、1966年に琉球政府立大学となり、1972年の沖縄の日本復帰と同時に県内唯一の国立大学となりました。
また、大学創設時からの18年間をかけて、米国ミシガン州立大学教授団の指導によって大学運営の基礎が築かれるなど、本学の歩んできた道のりは、他に類を見ない独自性を有しています。
琉球大学は、「地域のための大学」として、沖縄の歴史的教訓である「命(ぬち)どぅ宝(命こそ宝)」という生命および個人の尊厳の考え方を根底に、建学の精神「自由平等、寛容平和」を継承・発展させ、3つの基本理念「真理の探究」、「地域・国際社会への貢献」、「平和・共生の追求」の下、教育・研究を行っています。

~地域特性を活かした教育・研究~

沖縄県は亜熱帯に位置する島嶼(とうしょ)県であり、固有の生態系と特色ある伝統文化を有しています。また14世紀頃から多くの国々と盛んに交流してきた歴史があり、豊かな多文化共生社会でもあります。
琉球大学は、7学部8研究科のほか、教育研究施設、病院などを有する総合大学であり、沖縄県の特色を継承・発展させるため、島嶼・海洋環境科学、健康長寿科学、琉球・沖縄文化、観光学など地域特性を活かした教育・研究を推進し、深い学識と豊かな人間性をベースに地域及び国際社会で活躍できる人材を育成しています。

学部・大学院紹介

外国人留学生への支援(生活支援)

琉球大学では外国人留学生の76%が、学生寮や国際交流会館に居住しています。
大学周辺の民間アパートの家賃も3~4万円程度と、東京や大阪といった都市部に比べると非常に安価です。大学が機関保証となる留学生住宅総合補償制度を利用することができるので、保証人がいなくてもアパートを借りることができます。また、慣れない環境下での学習・生活は非常にストレスが溜まるものですが、琉球大学では、「異文化カウンセリング」として英語のできるカウンセラーを配置(週2回)し、外国人留学生のメンタル面もサポートしています。
学費等については、授業料免除申請を行っている外国人留学生のうち、32%が全額免除、64%が半額免除となっています。外国人留学生を担当する国際連携推進課では、後援財団や企業・団体等の奨学金の案内等もしていますので、気軽に問い合わせてください。

外国人留学生への支援(就職支援)

琉球大学では外国人留学生を対象として、ビジネス日本語クラスの開講、企業インターンシップの実施、個別キャリアカウンセリングの実施、など外国人留学生の就職支援に力を入れています。そのきめ細やかさでは全国のどの大学にも引けを取らない支援をしていると自負しています。こういった就職支援を受けて、これまで数多くの外国人留学生(大学院修了生、学部卒業生、交換留学修了生など)が、沖縄県内をはじめ、日本各地で就職し高度外国人材として活躍しています。
沖縄県においては、海外進出を検討している企業等の増加に加え、外国人観光客の大幅な増加もあり、高度外国人材のニーズが高まっています。この傾向は今後も続くものと予想されていますので、琉球大学では、就職支援に関する取組みをより一層、進めていきます。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

日本の奨学金について

留学に必要な全経費が支給される奨学金は少なく、多くは生活費や授業料の一部に充てるためのものです。従って、留学費用の総額を具体的に計算し、奨学金だけを頼りにしないで、自己資金を含め、しっかりとした資金計画を立てることが必要です。

奨学金の応募~採用結果の時期については、二つのパターンがあります。
1.来日前に、応募~採用結果まで受け取ることが出来る奨学金(少数)
2.来日し、入学した後、日本国内で応募~採用結果を受け取る奨学金
●選考試験:書類審査、一般教養あるいは専門分野の知識や語学等の筆記試験、口頭による面接審査等
●申込方法:在籍している学校を通じて申し込むものがほとんどです。詳しくは学校の留学生担当窓口に聞いてください。
※ 奨学金の種類によっては、応募に制限(年齢、出身国・地域、日本での在籍校及び専攻分野等の指定)があります。

1. 来日前に応募する奨学金

<日本政府(文部科学省)奨学金>
1-1. 大使館推薦
対象と月額支給額:
(1)研究留学生/教員研修留学生 研究生143,000円、修士課程144,000円、博士課程145,000円
(2)学部留学生/高等専門学校留学生/専修学校留学生/日本語・日本文化研修留学生 117,000円
(3)ヤング・リーダーズ・プログラム留学生 242,000円

1-2. 大学推薦
(1)研究留学生 研究生143,000円、修士課程144,000円、博士課程145,000円
(2)日本語・日本文化研修留学生 117,000円
問い合わせ先:在籍校(母国)

<文部科学省外国人留学生学習奨励費(留学生受入促進プログラム予約制度)>
対象と月額支給額:
日本留学試験(EJU)受験者で、大学学部/ 短期大学/ 高等専門学校(第3学年以上)/ 専門学校に正規入学をする者 48,000円

<海外留学支援制度(協定受入)>
対象と月額支給額:
大学等間交流協定等による交換留学生。 留学期間は8日以上1年以内 80,000円
問い合わせ先:在籍校(母国)

<自治体・民間団体奨学金>
対象と月額支給額:各自治体・団体によって異なります
問い合わせ先:各自治体・財団

2. 来日後に応募する奨学金

<日本政府(文部科学省)奨学金>
対象と月額支給額:
(1)研究留学生 研究生143,000円、修士課程144,000円、博士課程145,000円
(2)学部留学生 117,000円
問い合わせ先:在籍校(日本)

<文部科学省外国人留学生学習奨励費(留学生受入促進プログラム予約制度)>
対象と月額支給額:
(1)研究生(大学院レベル)/修士課程/博士課程 48,000円
(2)大学学部/短期大学/留学生別科/専攻科/高等専門学校(第3学年以上)/専門学校/準備教育課程 48,000円
(3)日本語教育機関 30,000円

<地方自治体等奨学金>
対象と月額支給額: 各地方自治体等によって異なります 
問い合わせ先:各自治体・団体または在籍校(日本)

<民間団体奨学金>
対象と月額支給額:各民間団体によって異なります
問い合わせ先:各財団または在籍校(日本)

<学内奨学金授業料減免・免除制度>
対象と月額支給額:各学校によって異なります
問い合わせ先:在籍校(日本)

シンポジウム

照明学会の創立 100周年を記念する事業の一つとして、LS15:第15回照明の科学と技術に関する国際シンポジウム(The 15th International Symposium on the Science and Technology of Lighting)が,2016年5月に京都にて開催されます。多くの皆様方の参加を期待いたします。Second Announcement & Call for Papersが発信されましたので,ご準備をお願いいたします。 LSは1973年から定期的(現在は2年毎)に欧米とアジアで開催されている照明全般(LS12までは光源)に関する国際シンポジウムです。

学会紹介

  • (文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)
  • (法律学、政治学)
  • (経済学、商学、経営学)
  • (理学)
  • (工学)
  • (農学)
  • (医学・歯学・薬学)

「日本語試験」紹介

  • 日本語能力試験(JLPT)
  • 第1回
    試験日:2016年7月3日(日曜日)
    申込受付期間:2016 年3 月29 日(火曜日)~2016年4月28日(木曜日)

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • 外国人材活躍推進プログラム
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を2015年度から実施しています。
    プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 福岡学生職業センター
  • 求人情報の提供、就職支援ガイダンス、業界研究&自己分析、就活準備セミナー、個別の相談等
  • <就職情報サイト>※留学生採用企業の検索機能があるサイトです
  • あさがくナビ2017
  • (株式会社学情)
  • ダイヤモンド就活ナビ2017
  • (株式会社ダイヤモンドヒューマンリソース)
  • マイナビ2017
  • (株式会社マイナビ)
  • リクナビ2017
  • (東京商工会議所/大阪商工会議所/特定活動非営利法人JAFSA(国際教育交流協議会)/ 株式会社プロシーズ)
  • 就職じゃぱん
  • (東京商工会議所/大阪商工会議所/特定活動非営利法人JAFSA(国際教育交流協議会)/ 株式会社プロシーズ)

就活体験談

鄭 彬さん

名前:鄭 彬(ZHENG BIN)
国籍:中国
出身大学:明治大学
専攻:経営学部 経営学科
日本留学期間:2006年10月~2012年3月
会社名:株式会社レオパレス21




私は、子供の頃、日本のマンガやアニメにとても興味を持っていました。日本語を勉強し、自分の視野を広げるため日本に留学をしました。日本で大学生活を送る中で、日本のサービス、気づかい、人への思いやりなどに触れ、より日本社会に馴染みたいと思い日本への就職を決意しました。日本での生活の中で、住む場所はとても大切だと実感したことから、住む部屋を提供することで多くの人に感動を与えたく、現在の勤務先を選択しました。
現在勤務している株式会社レオパレス21は、アパート・マンション・住宅等の建築・賃貸管理及び販売、リゾート施設の開発・運営、ブロードバンド通信事業、介護事業等を行っています。私は賃貸事業部に所属しており、外国籍のお客様へのお部屋探し業務を担当しています。将来は自分1人でお部屋探し全般をサポートできるお部屋探しのプロになれるよう使命を持って業務に取り組んでいきたいと思っています。
就職活動している学生へのアドバイスは、現在、就職活動をしている学生は、エントリーシートの作成に苦労していると思います。私は、自己PRについては、いかに自分の長所を生かして会社に貢献できるかという点、志望動機については、より明確に将来像を伝える点に重点をおいて作成しました。
自己PRにおいては、大学の専攻について学んだことやアルバイトで社会経験をすることにより学んだことを題材としました。
また、就職活動において私は3つの点に特に力を入れて取り組みました。一つ目は、新聞を読み最新の経済情報を得る事。二つ目は、友人と就職活動状況を共有する事。三つ目は、就職活動対策に関する本を読む事です。就職活動で大切なのは、失敗を恐れず、自信を持ってチャレンジしていくことです。諦めずに最後まで頑張れば、きっと良い結果が待っているはずです。

就職情報コーナー

卒業年次の皆さんは3月1日より日本での就職活動が始まっています。4月は企業説明会への参加やエントリーシートの提出が多くなってきます。
日本で就職を目指す皆さんが今何を行わなければならないかを説明します。

<企業説明会>
企業説明会とは、企業が採用活動を行う際に、自社がどのような企業であるかを説明する会です。企業説明会では、会社の沿革、会社の現状、そして今後の会社の方向性などのホームページに記載されていない情報を直接聞くことができます。
企業説明会は、企業が単独で開催するものと、複数の企業が合同で開催するものの2種類に分けられます。
企業が単独で開催するものについては、参加することが採用選考の必須条件となっている場合があります。予約制となり、定員になると締め切られます。有名企業では数時間で定員となり、締め切る場合があります。
一方で、複数の企業が合同で開催するものについては、一つの会場でたくさんの企業の説明を聞くことができ、効率よく企業の情報を収集することができます。
企業説明会は、皆さんが通う学校内で開催されることもあります。学内で開催される企業説明会はOB・OGが来ることが多いので、いろいろな情報が収集しやすいイベントです。開催概要について学内の就職支援部署(キャリアセンターなど)が担当しているので、定期的に就職支援部署に行き情報収集するようにしましょう。
また、最近は、外国人留学生のみを対象にした企業説明会は少ないですが、開催されています。Japan Alumni eNewsでもご案内しますので、積極的に参加するようにしましょう。
企業説明会は、日本での就職活動の第一歩となります。興味のある企業は必ず会社説明会に積極的に参加するようにしましょう。

<エントリーシート>
エントリーシートとは、企業がより詳しく応募者の特性を把握するための書類です。通常、履歴書と一緒に提出され、書類選考的な意味をもっています。
エントリーシートに記載する内容は、企業によって違いますが、一般的には、文字数を制限された作文が多いです。作文の内容は、エントリーする会社の志望理由、自己PR、学生時代に頑張ったこと等があります。
エントリーシートは、志望する会社のホームページや就職支援サイト、会社説明会などから入手し、ウェブ上で入力する形式と、ウェブからダウンロードし郵送で提出する方法等会社により方法が異なるので注意しましょう。
エントリーシートは、皆さんの志望企業への「採用試験参加申込書」であるとともに、自分を企業へ売り込むための提案書でもあります。一方で、エントリーシートは採用試験の意味合いを持つため、多くの学生が苦労しています。
苦労する原因は、準備不足のまま、エントリーシートを提出していることが原因となっています。この難関を乗り越えなければ、内定どころか面接にたどり着くこともできません。
エントリーシートを作成するときに大事なのは、まず自分自身をよく知ること(自己分析)、そして相手(志望企業)をよく知ること(業界・企業研究)をしっかりと行う事です。

5. Visit Japan

広島県

日本を旅行してみませんか? 日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します! 3月号は奈良県です。

原爆ドーム
  • 原爆ドーム

原爆が投下される前は、特産物の展示などを行なう広島県産業奨励館でした。1945年8月6日に原子爆弾が投下され爆心地から約160mという距離にあったこの建物は爆風と熱線を浴びて大破しました。現在は、世界に対し核兵器の廃絶を訴え恒久平和の実現にむけて発信する、広島市民と日本国民の平和への願いの象徴となっています。

鞆の浦
  • 鞆の浦

鞆の浦(とものうら)は、古くから「潮待ちの港」として栄え、江戸時代からの港湾施設や情緒ある町並み、昔の土蔵などがそのまま残っています。鞆港にある「常夜燈(じょうやとう)」は1859年に建造され、海上安全を支えました。2008年公開されたスタジオジブリ作品「崖の上のポニョ」で、宮崎駿監督が構想を練った場所として有名になり、映画・テレビドラマ等の撮影が増えています。

熊野筆
  • 熊野筆

熊野筆(くまのふで)は、広島県安芸郡熊野町で生産されている筆です。約180年前の江戸時代末期、広島藩の産業奨励策もあり筆づくりの技が根づきました。1975年に国の伝統的工芸品に指定され、近年は特に化粧筆の品質の高さが国内外で評価され、高級化粧筆で世界シェアの半数以上を占める企業もあります。

広島風お好み焼き
  • 広島風お好み焼き

鉄板に小麦粉で作った生地を円形にのばし、その上にキャベツ・もやし・豚肉・焼きそば・卵などを重ねて焼いたものです。生地自体がとても薄いため、主な触感はキャベツなどの野菜と麺が中心となります。生地と具材を混ぜてから焼く関西風のお好み焼きとは異なります。広島風お好み焼きは、戦後に被害を受けた焼け跡で営業していた屋台が始まりと言われています。

東大寺 修二会(お水取り)
「写真提供:広島県」
  • 宮島水中花火大会

世界文化遺産・日本三景の一つである宮島で行われる花火大会です。この花火大会の特徴である水中花火は、花火に燃料剤が入っており、水中でも消えないという特性を活かし、水上の台船から水中に投げ込まれます。比較的浅瀬で爆発するので、半円形の花火になることが特徴です。嚴島(いつくしま)神社の大鳥居のシルエットを浮かび上がらせ、幻想的な空間が広がり人々を魅了します。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

花見とは、主に桜の花を観賞し、春の訪れを祝う日本の風習です。1月下旬に沖縄で桜の開花はスタートし、約5カ月にわたり桜前線が日本列島を横断します(開花時期は地域により異なります)。日本の花見は、平安時代の812年に嵯峨(さが)天皇が行ったものが記録に残る最初の花見であると考えられています。初めは貴族などが花見を行っていましたが、地方の豪族、武士へと広がっていき、江戸時代には庶民にも愛されるようになりました。
毎年、気象庁が桜の開花予想をしており、1週間から2週間で散ってしまう桜を見逃すことのないよう、人々は熱心に情報をチェックしています。花見は基本的に、外で行われるイベントで、昼だけでなく夜も楽しむことができます。夜の桜は「夜桜(よざくら)」と言い、紙で作られた提灯の灯りの下で昼の桜とはまた違う姿を見ることができます。また日本全国には、およそ1,400箇所に桜の名所があるといわれています。桜の木の本数は、場所によって様々ですが、多い所では1度に約3万本の桜を見ることもできます。
花見は、桜を見ながら食べ物を食べ、飲み物を飲むというとてもシンプルなイベントのため、桜さえあれば誰でも簡単に花見を行うことができます。この季節ならではの日本の伝統的イベントにぜひ参加してみてください。

暮らしの情報

防災とは、災害を未然に防ぐこと、災害の拡大や被害の軽減、被災からの復旧までなどを意味します。また災害とは、自然災害だけではなく、人為的な災害を含むこともあります。
2011年3月11日に発生した東日本大震災から丸5年が経ちました。災害は予想することができません。日頃から防災対策をしておくことで、被害を最小限に抑えることができます。まずは、自分ができることから始めましょう。

1.家の中の安全対策
地震の発生時、家の中で危険なのは家具等が倒れてくることです。寝室には背の低い家具を置く、家具の転倒を防ぐために壁や天井に固定する等対策を取りましょう。

2.飲料水・非常食などの備蓄
大災害が発生すると、電気やガス、水道などのライフラインが一斉に止まってしまう可能性があります。災害後しばらくは自力でも暮らせるよう、「3日分の非常食・飲料水」「懐中電灯」「ラジオ」「タオル」などが最低限準備しておきましょう。特に、タオルは口を覆う、負傷時の包帯、頭を守る、首に巻くなど色々な用途で使うことができます。また、携帯電話等電子媒体が使えないときのために、紙に大切な人の連絡先をメモして携帯することをお勧めします。

3. 避難場所・経路の確認
大規模な火災や危険から身を守るために、各地域には避難場所が設定されています。住んでいる地域の避難場所を調べ、その場所までの道のりも確認しておきましょう。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2016年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」のお知らせ

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページについて

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2016年4月号を4月11日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国で教育、研究、行政の分野で活躍している帰国留学生が、日本の大学で短期研究を行います

  • 今月の掲載大学
  • 宇都宮大学、愛媛大学、大阪市立大学、岡山大学、熊本大学、神戸大学、東京大学、名古屋大学

8. 読者の声

いつも情報を提供していただきまして、誠にありがとうございます。
(ZHANG CHEN)

メールマガジンを送付いただき有難うございます。
(Zakari.)

(敬称略)

◆◆◆編集部より◆◆◆
4月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
4月は学校の入学式や企業の入社式など、新しい出会いの季節です。NIPPON Time Machineでは、花見を紹介しましたが、花見は、入学式や始業式などを祝う宴会として新たな出会いや交流を行うきっかけにもなっているようです。東北地域では5月上旬が見頃です。住んでいる地域で桜の開花が終わっていたら、北の地域の桜を見に出かけるのもいいですね。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は5月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、
    http://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/enews/index.htmlの「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook