独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol.90)

Japan Alumni eNews Vol. 90 2016年10月7日

Japan Alumni eNews Vol. 90

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名

日本の思い出(読者からの写真)

10月号のLife in Japan by Photoは「日本の思い出」をご紹介します。(敬称略)

銀座

エルナン・シュルダン(アルゼンチン)
出身大学:専門学校東京ビジュアルアーツ
タイトル:午後の銀座にて

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:2018年4月入社の就職活動日程が決定

日本経済団体連合会(日本の上場企業を中心に構成される団体)は、2018年4月入社の大学生、専門学校生の就職活動日程について、2017年4月入社と 同じにすることを正式に決めたと発表しました。これにより、大学3年生(専門学校1年生)の3月に会社説明会、大学4年生(専門学校2年生)の6月に面接 が解禁され、3年連続での日程変更は避けられることになりました。ただ、会員企業には見直しを求める声もあり、2019年4月入社以降の日程については未 定であり、今後も議論した上で決定するようです。

NEWS2:東京都の防災訓練 オリンピックに向けて外国人避難の手順確認

首都直下地震を想定した東京都の防災訓練が9月4日に行われ、外国人観光客の避難誘導など4年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据えた訓練が行われました。
この訓練は東京都が毎年、この時期に行うもので、ことしは墨田区や葛飾区を会場に警察や消防、それに地元の住民など、およそ1万人が参加しました。
このうち、墨田区にある東京スカイツリーでは外資系企業に勤める都内在住の外国人を観光客に見立てるなど、29カ国約100人の外国人が参加して行われました。

現役留学生紹介

バッタライ・ジナス

名前:バッタライ・ジナス
国籍:ネパール
出身大学:立命館アジア太平洋大学
専攻:国際経営学部
学年:4回生
日本留学期間:2009年4月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1



 

2008年に高校を卒業し、特に理由はありませんでしたが、とにかく先進国に留学したいという思いがありました。そこで、選択肢の中から当時ネパールから留学する人が少なかった日本を選びました。日本を選んだ理由としては、日本語を身に付けることにより、自身が日本語能力という武器を持てて、将来はネパールでも使えると思ったからです。

日本に初めて来た感想は、先進国だから高いビルばかりと想像していたのですが、大分県は、ネパールの田舎に来てしまったと錯覚する町並みでした。英語は予想以上に通用しないこともびっくりしました。しかし、日本語が分からない私を雇ってくれる方々や治安の良さには感動しました。

大学では、国際経営学部ですので、主に経営の仕方について勉強しています。授業は英語でも、日本語でも受講できますので、様々な国からの学生たちと意見を交換し合いながら学ぶことが多いです。将来の夢は、人に影響を与えることができる人間になりたいです。明確な計画はありませんが、今は、常に自分を成長させてくれる一瞬一瞬を大切にしています。

日本で印象に残っている思い出は沢山ありますが、忘れられないのは全国弁論大会に出場し、受賞したことです。後日、大分合同新聞にも大きく掲載されていたので日本人の知り合いや友達、母国の親も喜んでくれました。受賞後は、大分県の様々なイベントに参加させていただきました。

これから日本へ留学を検討されている方へのアドバイスとして、日本で勉強する際は日本のことも勉強しないといけないと思います。生まれたばかりの子供みたいに、どんなことに対してもこだわりを持たずに接する気持ちが大切だと思います。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

北海道留学生ネット

北海道留学生ネットは、北海道石狩振興局と民間企業が協力し、北海道在留の留学生、母国へ帰った元留学生が引き続き北海道のファンであり続ける事を期待、そして北海道企業のネットワークを構築し、人対人の関係を育て、さらなる経済交流、北海道企業の国際交流を促進するために立ち上げたポータルサイトです。

実施内容
・北海道留学生ネットワークを構築し、留学生の生活や学習に役立つ情報を発信。
・留学生のアルバイトや就職の機会を増やし、グローバル人材の活用を図る。
・留学生の発信力やネイティブ力を活かし、北海道の観光発展に繋げる。
・留学生に真の北海道ファンになっていただくため、北海道の文化・歴史・産業の理解につながる情報を提供。

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

国立大学法人愛媛大学

国立大学法人愛媛大学

【プロフィール】(2016年5月現在)
学校名:国立大学法人愛媛大学
城北キャンパス:愛媛県松山市文京町3番
樽味キャンパス:愛媛県松山市樽味3丁目5番7号
重信キャンパス:愛媛県東温市志津川
在籍者数:学部生8,305名,大学院生1,114名
外国人留学生数:学部生89名,大学院生152名,研究生等81名

1. 大学の概要

愛媛大学は、日本最古の道後温泉と俳句や文学で有名な松山市にあり、7学部と6大学院研究科を有し、さらに世界レベルの先端研究を推進する沿岸環境研究センター、地球深部ダイナミクス研究センター、プロテオサイエンスセンター等の教育研究施設、病院等も有する四国最大の総合大学です。

愛媛大学は、地域の持続的発展を牽引する地(知)の拠点として、「輝く個性で地域を動かし世界とつながる大学」をビジョンに掲げ、グローバルな視野で社会に貢献する教育・研究・社会活動を展開しています。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

2016年4月に、持続可能な地域社会の発展を究極の目的とする、文理融合型の社会共創学部が開設されました。

連合農学研究科(博士後期課程)では、英語で教育・研究指導を行う「熱帯・亜熱帯農学留学生特別コース」と「アジア・アフリカ・環太平洋農学留学生特別コース」を設置しています。

理工学研究科においても、インターネットインタビューで選抜する外国人留学生特別選抜入試(博士前期・後期課程)を採用しており、また、英語で教育・研究指導を行う「アジア防災特別コース」を設置しています。

3. 外国人留学生への支援の取り組み

愛媛大学には、留学生向けの宿舎として「国際交流会館」や日本人学生との混住の「御幸学生宿舎」「拓翠寮」等があり、最大128名の留学生が収容可能です。また、私費留学生向けの奨学金や授業料減免制度もあり、私費留学生の約90パーセントが何らかの経済支援を受けています。

キャンパス内では、留学生の学生団体AISA、日本人学生の国際ボランティア団体ICOを中心に、パーティや国際交流イベントなどが行われ、他にも地域のコミュニティとの交流や異文化体験の催しが多く用意されています。

4. 外国人留学生への就職支援

大学卒業後、日本企業へ就職を希望する外国人留学生に対して、母国と日本の架け橋となる人材の育成を目的とした「世界と協働できるグローバル人材育成プログラム」を実施しています。ビジネス日本語・ビジネスマナーの習得や、日本の企業文化理解のための授業を開講し、愛媛県内外の140社を超えるサポート協力企業も参画するインターンシップ研修を行っています。プログラム修了生の多くが日本国内及び海外の日本企業に就職して様々な分野で活躍するなど、企業のグローバル戦略や地域のグローバル化に貢献しております。

これまでの修了生は84名にのぼり、そのうち国内就職者は50名、県内就職者は32名となり、2014年には全国地元就職率ランキングで13位、国立大学では1位になりました。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人交流協会

事業名
平成29年度 交流協会奨学金留学生(国内採用)
応募資格
平成29年(2017年)4月1日現在において、日本の大学院の修士課程、専門職学位課程、または博士課程(※1)に正規生(※2)として進学又は在学する、学業成績優秀な台湾からの外国人留学生(※3)。
※1 博士課程が前期2年と後期3年の課程に区分されている場合は、前期2年の課程は、修士課程として取り扱う。
※2 「正規生」には、研究生、研修生、専攻生、科目等履修生及び聴講生等は含まない。
※3 台湾籍を有する日本在住の者(申請時に日本国籍を有する者は、募集の対象とはならない。)であり、日本の大学等において教育を受ける目的をもって入国し、大学に入学した外国人留学生(出入国管理及び難民認定別表第一に定める在留資格「留学」を有するものに限る)。
(注)応募対象については、その他留意事項があるため応募の際にホームページを確認すること。
応募対象年齢
1982年4月2日以降に出生した者。ただし、今年度当協会奨学金留学生で、支給期間が終了する者が、来年度以降引き続き奨学金受給を希望して応募する場合はこの限りではありません。
支給期間
平成29年(2017年)4月から、原則として、進学または在籍する修士、博士または専門職学位課程の学位取得に必要な期間(標準修業年限)とします。
支給額
1. 奨学金
 144,000円(修士課程及び専門職学位課程)
 145,000円(博士課程)の月額基本額に加え、特定の地域で修学・研究する者に対して、月額2,000円又は3,000円を加算して支給(なお、支給額が変更となる場合がある)。
2. 授業料他
応募方法
申請書等を以下ホームページよりダウンロードし、必要書類を郵送にて提出して下さい。

応募締切
平成28年(2016年)10月28日(金曜日)(当日消印有効)
問合せ先
公益財団法人交流協会 総務部奨学金担当
〒106-0032 東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビル7F
TEL:03-5573-2600(内線14)
FAX:03-5573-2601
e-mail:shougakukin@koryu.or.jp

公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団

事業名
平成28年(2016年)度 外国人留学生研究助成
助成金交付対象
当財団が指定する分野の食品科学等に関する研究を行う外国人留学生であって、当該外国人留学生の指導教授の申請に基づき、指導教授に研究助成金を交付します。
応募要件
次の要件のすべてを満たす留学生とします。
1. 中国、台湾、韓国、アセアン諸国をはじめとするアジア地域等の国籍で日本に留学している者であること。
2. 当財団にて指定する研究分野を専攻する大学院生(博士課程後期相当)であること。
なお、平成 29 年 (2017年)4 月に博士課程後期等へ進学する者も含める。
3. 平成 29 年(2017年) 4 月 1 日の年令が満 40 才未満の者であること。
4. 当該外国人留学生の所属する機関長(研究科長以上)の推薦が得られること。なお、機関長の推薦件数は1件とします。
5. 留学生本人が当該助成を過去に受けていないこと。
6. 当財団の他の助成事業と重複申請はできません。また、他の民間研究助成との重複助成は行いません。
概要
当財団は、山崎製パン株式会社創業者飯島藤十郎社主及び山崎製パン株式会社との共同で昭和59年(1984年)に設立しました。
本助成は、在日する外国人留学生の研究環境を改善し、研究内容の向上、充実を通して、食生活・食文化の向上、健康の増進及び食品産業の発展に寄与するとともに、助成を受けた留学生が帰国後、行政機関、民間企業、学界等における活動を通じて出身国に貢献されることを期待して実施するものです。
応募締切
平成28年(2016年)12月2日(金曜日)必着
助成額
1件につき100万円以内(8件助成予定)
応募方法
当財団のホームページから申請書をダウンロードし、必要事項を記入の上、当財団宛に直接送付
交付方法
平成29年4月中旬に開催予定の贈呈式開催後、助成金交付

問合せ先
(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団
〒272-0034 千葉県市川市市川1丁目9番2号サンプラザ35ビル 6F
TEL:047-323-5580,5581
FAX:047-323-5580
E-mail:info@iijima-kinenzaidan.or.jp

シンポジウム紹介

第29回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議(MNC 2016)

この国際会議は、応用物理学会が主催して1988年より毎年開催しております。次世代技術として関心の高い新領域も積極的に取り込みながら、半導体産業の持続的発展、極微細加工技術を基軸とする新技術・新産業の興隆への貢献を目的としています。また、世界への情報発信、研究者・技術者間の深い情報交換の場としても重要な役割を果たしています。

(英語のみ)
日時:2016年11月8日(火曜日)〜11日(金曜日)
場所:ANAクラウンプラザホテル京都

学会紹介

  • (文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)
  • (法律学、政治学)
  • (経済学、商学、経営学)
  • (理学)
  • (工学)
  • (農学)
  • (医学・歯学・薬学)

日本語試験紹介

  • 実用日本語検定(J.TEST)
  • 第128回
    試験日:2016年9月11日(日曜日)
    申込締切:2016年8月17日(水曜日)
    ※申込みは締め切りました
    第129回
    試験日:2016年11月13日(日曜日)
    申込締切:2016年10月19日(水曜日)

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • 外国人材活躍推進プログラム
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を2015年度から実施しています。
    プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 福岡学生職業センター
  • 求人情報の提供、就職支援ガイダンス、業界研究&自己分析、就活準備セミナー、個別の相談等

就職活動体験談

キン コウバイ

名前:キン コウバイ
国籍:中国
出身大学:フェリス女学院大学
専攻:英文学科
日本留学期間:2003年4月~2009年3月
勤務先企業名:株式会社コーチ・エィ
日本語レベル:日本語能力試験N1




 

私の祖母は、子どもの頃、日本の小学校に通い、日本語を話す人でした。幼稚園時代に、祖母から「くちなしの花」の歌を教わったことがあります。当時、日本語の響きはとても新鮮でしたし、今でもその歌を歌うことができます。こんな体験から、中学校では第一外国語に日本語を選び、また、留学先としても、自然と日本を選ぶことになりました。

日本で日本語を勉強し、英語も勉強しましたが、勉強と社会人経験を合わせてこそ、今後のキャリアの一部分になると思い、日本で就職をすることにしました。また、日本にはグローバル事業展開をしている企業が多く、今後グローバルで活躍したい思いが強かったことも理由の一つです。

大学卒業後は、商社で営業として勤務していましたが、仕事をして初めて異文化コミュニケーションの難しさを感じました。当時、1000名の組織の中で唯一の外国人でしたが、私がその時立ち向かっていた壁は言葉の壁ではなく、お互いの文化に対する理解、そしてその理解を根底にした組織マネジメントの難しさでした。その難しさを、当事者として体験したことが、グローバルマネジメントにおける人材の活用と、そのシナジーを最大限に活かした組織のマネジメントに興味をもったきっかけです。

現在勤めている株式会社コーチ・エィは、組織のパフォーマンスを最大限に活かすことを目的とした、組織の風土改革、また、組織の目標達成に向けたリーダーシップ開発のためにコーチングを提供する会社です。私自身は、グローバル事業展開をしている大手企業様を対象にした新規開拓営業と、組織のリーダーシップ開発に向けてコーチングを提供する仕事をしています。今は、大手日系企業に勤めている日本人のリーダー、中国人のリーダー、韓国人のリーダーをそれぞれの言語でコーチングをしています。

効果的だった就職活動対策は、企業分析を綿密に行うことと、自身に対する理解をしっかり持っておくこと(確実に自信を持って言える、自身の強みと弱み)です。理由は、就職することだけが目的ではなく、就職先の会社に対して本心から興味があり、長期的な視点でビジョンが描けて、その会社で成長していけることをイメージしておくことが、長い社会人生活をより自分の成長に繋げていけるからです。 エントリーシートについては、自身の採用とその会社の成長が結びつくことをイメージできるストーリーにすることが大事です。また、言葉はシンプルに選んで書くことも大事です。採用担当はたくさんの履歴書、エントリーシートを見ながら選考を進めるので、一目で見てこの人に会ってみたいと思われることがポイントだと思っています。

就職情報コーナー

10月1日以降に実施される内定式

日本の企業の多くは10月1日~前半に内定式を行います。多くの大手企業が加盟している日本経済団体連合会が発表した「採用選考に関する指針」では、正式に内定を出すことができるのは10月1日以降としています。そのため企業は、これまでの採用選考を通して内定を出すと確約していた「内々定」を持つ学生に対して、内定式で正式に内定を出します。

内定式を実施する理由は、セレモニーとして内定を出すことによって、より企業で働く実感と意欲を持ってもらうこと、内定を辞退しないように防止すること、同期同士のつながりを強くして入社前に関係性を構築し、学生が持つ入社前の不安を解消すること、などのメリットがあるためです。ただ、内定式は必ず行うものではないため、企業によっては内定式を開催しないところもあります。内定式には上記のようなメリットがあるため、多くの企業は10月の内定式までに採用選考を終了したいと考えています。

まだ、就職活動を継続している学生については、今年度は企業側の採用は苦戦しており、内定式以降も採用活動を実施する企業はまだまだあります。最後まで諦めずに活動していきましょう。

5. Visit Japan

栃木県

日本を旅行してみませんか?日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します!10月号は栃木県です。

日光東照宮
  • 日光東照宮

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、徳川家康(とくがわいえやす)公を祀(まつ)る神社です。現在そのほとんどの建築物などが、 国宝や重要文化財に指定され、1999年には、世界遺産にも登録されました。
日光東照宮は江戸城(現在の皇居)の真北にあり、北の守りを固める重要な位置にあります。 風水・陰陽道(おんみょうどう)のさまざまな手法を使って、運気の良い場所、大地のエネルギーがみなぎる場所に造り上げられたパワースポットとしても有名です。

あしかが(足利)フラワーパーク
  • あしかが(足利)フラワーパーク

大藤 4本と 80メートル におよぶ白藤のトンネルが栃木県天然記念物に指定されており、四季を通じて、数多くの花々で彩られ年間で 100万人 以上の来園者が訪れます。2014年にアメリカのCNNにより「2014年の世界の夢の旅行先10カ所」に選出されました。
草花が停滞期とされている冬季(10月下旬-2月上旬)はイルミネーション「光の花の庭」が開催されます。300万球を使った大規模なものであり、夜景観光コンベンション・ビューローが認定する「関東三大イルミネーション」に指定されています。

餃子(ぎょうざ)
  • 餃子(ぎょうざ)

宇都宮市は、市内に約30店の餃子専門店があるなど、各家庭の餃子消費額が2010年まで15年連続全国1位の都市です。宇都宮がそのような餃子の街となったのは、宇都宮市内に駐屯していた日本軍第14師団が中国に出兵したことで餃子を知り、帰郷後広まったことが始まりです。また、宇都宮市は夏暑く冬寒いという内陸型気候のため、スタミナをつけるために餃子人気が高まったとも言われています。毎年11月に行われる「宇都宮餃子祭り」には、今や14万人以上の観光客が訪れるなど、「宇都宮餃子」は地域の経済活性に大きな役割を果たしています。

益子焼(ましこやき)
  • 益子焼(ましこやき)

益子焼は、栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器です。1850年頃、笠間で修行した大塚啓三郎が窯(かま)を築いたことが始まりと言われています。砂気の多いゴツゴツとした土の質感をもち、重厚な色合いとぼってりとした肌触りに特徴があります。益子の土を使い柿釉(かきゆう)、並白釉(なみじろゆう)といった益子独自の釉薬(ゆうやく)を用いて、掛け流しなどの伝統的技術で力強い美しさと温かな手触りのする作品がつくり出されています。1979年に国の伝統工芸品に指定されています。

那須野巻狩(なすのまきがり)まつり
  • 那須野巻狩(なすのまきがり)まつり

1100年代後半に鎌倉幕府(日本の武家による政権)を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)が、その翌年の4月2日から23日まで、自らの勢力を天下に知らせるために広大な那須野ヶ原(那須塩原市)を中心に大規模な狩りを催しました。この狩りは「那須野巻狩」と呼ばれ10万人もの勢子(せこ=獲物を追い込む人)が狩りに参加したと言われています。那須野巻狩まつりは、「巻狩太鼓」「巻狩踊り」の披露、巻狩の時の食事を再現し、直径2.2メートルもある大鍋で煮た野生味あふれた「巻狩鍋」など多くのイベントが催されます。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

ハロウィン

ハロウィン
ハロウィンは毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。 日本では、1983年に東京原宿にある雑貨店「キデイランド」が仮装パレードを開催したのが始めとされています。1997年からは、東京ディズニーランドにおいて「ディズニー・ハロウィーン」を開催し、認知度は一気に高まりました。

その後、各地域で数万人規模の華やかな仮装パレードが行われるようになり、最近では、ゾンビや魔女、アニメのキャラクターに扮した若者が渋谷や六本木等の繁華街に繰り出しあふれかえり、秋の行事として定着するようになりました。 ハロウィンが日本に定着した要因は、日本人の2つの文化的特徴が影響していると思われます。1つは、欧米の文化は容易に受け入れるという特徴。もう1つは、日本独特のコスプレ文化です。

この2つの特徴に付け加えて、テーマパークや飲食業界、百貨店や商店街を中心とした商業的要素とSNSなどを利用した動員力がイベント盛り上げ、経済効果は1,000億円を超えているようです。

暮らしの情報

紅葉

紅葉(もみじ)
秋といえば「紅葉狩り(もみじがり)」です。春のお花見と並ぶ日本人の二大野外イベントです。「紅葉狩り」とは、秋に赤や黄色に色を変える木々の葉を見て楽しむ、レジャーです。「紅葉」にはカエデ科の植物を指す「もみじ」と、秋に木々の葉が落葉する前に赤や黄色に色が変わった状態のことを指す「こうよう」という2つの読み方があります。日本では、少なくとも1200年前に紅葉狩りが行われていたことが、日本最古の歌集「万葉集」のなかで、紅葉の美しさを愛(め)でる多くの歌が詠(よ)まれていることで判明しています。欧米の紅葉が黄色を主体とした単色の情景に対して、日本の紅葉は赤や緑や黄色のコントラストが美しく、より情緒的で人々の心に響く情景であると言われています。日本の紅葉は、落葉広葉樹(らくようこうようじゅ)の種類が世界で最も多く26種類あります。メープルのカナダで13種類、欧州でも13種類なので色彩の豊富さに欠けます。同じ紅葉でも樹木の種類が多い日本の紅葉の方が、きれいに見えると言われています。なぜ日本は落葉広葉樹が多いのかと言うと、氷河期に暖かい海岸線や内陸部の起伏に富んだ地形に守られて広葉樹が生き延びたからです。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2016年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2016年10月号を10月11日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

8. 編集部より

10月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
10月は日本の四季では秋となります。暮らしの情報でも紹介しましたが日本の紅葉は世界一美しいと言われています。毎年多くの外国人観光客が日本の紅葉を鑑賞しに訪れます。特に寺院や庭園、渓谷(けいこく)や山では美しい景色を鑑賞することができます。皆さんの身近にも紅葉スポットがあると思いますので是非日本の秋を体験してみてください。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は11月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook