独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「奨学金」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

申込資格・申込基準

申込資格

経済的理由により修業に困難があると認められる人。ただし、休学中、留年中(過去の休学が事由によるものは除く)、留学中は申込みできません。また、これまでに日本学生支援機構の奨学金を借りたことのある人は、申し込むことができない場合や借りられる期間(貸与終期)が制限される場合があります。また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。

申込基準

大学・短期大学・専修学校専門課程

1.学力基準

学種 第一種奨学金 第二種奨学金
大学 〈1年次〉次のいずれかに該当すること
1.高校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.5以上
2.高等学校卒業程度認定試験合格者
〈2年次〉
本人の属する学部(科)の上位1/3以内
1~4のいずれかに該当すること
1.出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められる人
2.特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる人
3.学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込があると認められる人
4.高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる人
短大
専修学校(専門課程) 〈1年次〉次のいずれかに該当すること
1.高校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.2以上
2.高等学校卒業程度認定試験合格者
〈2年次〉
本人の属する学科の上位1/3以内

2.家計基準

家計の基準額は、世帯人員、就学者の有無等によって異なります。
家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が選考の対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

                                                          (単位:万円)
学種 設置者 世帯人数 通学形態 第一種奨学金 第二種奨学金 第一種・第二種併用
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外(注2)
〈所得金額〉
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外(注2)
〈所得金額〉
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
大学 国公立 4人 自宅 776 345 1,120 688 715 302
自宅外 824 392 1,167 735 781 349
5人 自宅 910 478 1,288 856 872 440
自宅外 1,004 572 1,382 950 966 534
私立 4人 自宅 824 392 1,167 735 781 349
自宅外 871 439 1,214 782 828 396
5人 自宅 1,004 572 1,382 950 966 534
自宅外 1,098 666 1,476 1,044 1,060 628
短大 国公立 4人 自宅 755 330 1,105 673 693 287
自宅外 809 377 1,152 720 760 334
5人 自宅 880 448 1,258 826 842 410
自宅外 974 542 1,352 920 936 504
私立 4人 自宅 807 375 1,150 718 757 332
自宅外 854 422 1,197 765 811 379
5人 自宅 970 538 1,348 916 932 500
自宅外 1,064 632 1,442 1,010 1,026 594
専修学校(専門課程) 国公立 4人 自宅 719 305 1,080 648 657 262
自宅外 782 350 1,125 693 722 307
5人 自宅 830 398 1,208 776 792 360
自宅外 920 488 1,298 866 882 450
私立 4人 自宅 801 369 1,144 712 749 326
自宅外 846 414 1,189 757 803 371
5人 自宅 958 526 1,336 904 920 488
自宅外 1,048 616 1,426 994 1,010 578

この表は、以下の家族構成を想定したものです。また、給与所得世帯については、主として家計を支えている人(父)が給与収入で、その他に家計を支えている人(母)が無職無収入の場合を想定したものとなります。
4人世帯:父、母、本人、弟妹1人(公立高校生)
5人世帯:父、母、本人、弟妹2人(公立高校生、公立中学生)

(注1)給与所得者:源泉徴収票の支払金額
(注2)給与所得以外:確定申告書等の所得金額

3.注意点

学力と家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。

高等専門学校

1.学力基準

学年 第一種奨学金 第二種奨学金
1年次 中学校最終学年の成績の平均が3.5以上 1~3のいずれかに該当すること
1.高等専門学校における成績が平均水準以上と認められる人
2.特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる人
3.学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められる人
2年次以上 高等専門学校の成績が学科の平均水準以上

2.家計基準

家計の基準額は、世帯人員、就学者の有無等によって異なります。
家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が選考の対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

                                                          (単位:万円)
学年 設置者 世帯人数 通学形態 第一種奨学金 第二種奨学金 第一種・第二種併用
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
高専(1~3年生) 国公立 4人 自宅 699 291
自宅外 742 321
5人 自宅 808 376
自宅外 868 436
私立 4人 自宅 769 340
自宅外 802 370
5人 自宅 906 474
自宅外 966 534
高専(4・5年生・専攻科) 国公立 4人 自宅 695 288 1,086 654 666 268
自宅外 736 317 1,115 683 707 297
5人 自宅 824 392 1,220 788 804 372
自宅外 882 450 1,278 846 862 430
私立 4人 自宅 757 332 1,130 698 729 312
自宅外 793 361 1,159 727 770 341
5人 自宅 912 480 1,308 876 892 460
自宅外 970 538 1,366 934 950 518

この表は、以下の家族構成を想定したものです。また、給与所得世帯については、主として家計を支えている人(父)が給与収入で、その他に家計を支えている人(母)が無職無収入の場合を想定したものとなります。
4人世帯:父、母、本人、弟妹1人(公立高校生)
5人世帯:父、母、本人、弟妹2人(公立高校生、公立中学生)

(注1)給与所得者:源泉徴収票の支払金額
(注2)給与所得以外:確定申告書等の所得金額

3.注意点

学力と家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。

大学院

1.学力基準

区分 第一種奨学金 第二種奨学金
修士・博士前期課程
専門職大学院課程
大学等・大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる人 1、2のいずれかに該当する人
1.大学等・大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる人
2.大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる人
博士・博士後期課程
博士医・歯・獣医・薬学課程
大学・大学院における成績が特に優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができると認められる人 1、2のいずれかに該当する人
1.大学・大学院における成績が優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができると認められる人
2.大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる人

2.家計基準

本人の収入(定職、アルバイト、父母等からの給付、奨学金、その他の収入により本人が1年間に得た金額)と配偶者の定職収入の金額の合計額が、下記の金額以下の場合選考の対象となります。配偶者が給与所得者の場合は、配偶者のみ下表の給与所得控除をしたうえで、本人の収入金額と合算します。
なお、定職収入が給与所得以外の場合は、収入金額から必要経費を控除した額となります。

区分 第一種奨学金
(注)
第二種奨学金 併用
(第一種・第二種)
収入基準額 (単位:万円)
修士・博士前期課程
専門職大学院課程
299 536 284
博士・博士後期課程
博士医・歯・獣医・薬学課程
340 718 299

(注)第一種奨学金については、収入基準額を超えていても採用される場合がありますので、学校に確認してください。

【参考】給与所得の控除額(配偶者のみ)
年間収入金額(税込) 控除額
400万円以下の場合 年間収入金額×0.2+238万円
(ただし、年間収入金額が298万円未満の控除額は年間収入金額と同額である。)
400万円を超え781万円以下の場合 年間収入金額×0.3+198万円
781万円を超える場合 432万円

3.注意点

学力と家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。

通信教育(大学・短期大学・専修学校専門課程)及び放送大学全科履修生

1.学力基準

学年 第一種奨学金 学年 第二種奨学金
1年次 次のいずれかに該当すること
1.高校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.2以上
2.高等学校卒業程度認定試験合格者
全学年 1~4のいずれかに該当すること
1.出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められる人
2.特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる人
3.学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込があると認められる人
4.高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる人
2年次以上 大学・短期大学・専修学校専門課程における成績が平均水準以上

2.家計基準

家計の基準額は、世帯人員によって異なります。
家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が選考の対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

                                                          (単位:万円)
世帯人数 第一種奨学金 第二種奨学金 併用(第一種・第二種)
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
給与所得
(注1)
〈収入金額〉
給与所得以外
(注2)
〈所得金額〉
4人 610 229 1,004 572 549 186
5人 625 239 1,049 617 570 201

給与所得世帯については、主として家計を支えている人(父)が給与収入で、その他に家計を支えている人(母)が無職無収入の場合を想定したものとなります。
4人世帯:父、母、本人、弟妹1人(公立高校生)
5人世帯:父、母、本人、弟妹2人(公立高校生、公立中学生)

(注1)給与所得者:源泉徴収票の支払金額
(注2)給与所得以外:確定申告書等の所得金額

3.注意点

学力と家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。

ピックアップ

  • 奨学金貸与・返還シミュレーション
  • スカラネットパーソナル
  • モバイルサイト