約束の返還期日までに返還されないと、延滞金が課されます。

貸与種別 採用年度 貸与終了年度等 賦課内容
第一種奨学金
(無利息)
平成17年3月以前採用 平成10年2月以前に貸与が終了し、年1回払込用紙で返還 延滞している割賦金の額に対して、各返還期日から6月を経過した日(以下「延滞金賦課日」という。)ごとに、その6月について延滞金賦課日が平成26年3月31日までに該当するときは5%、平成26年4月1日以降に該当するときは2.5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。
平成10年3月以降に貸与が終了 延滞している割賦金の額に対して、各返還期日から6月を経過した日(以下「延滞金賦課日」という。)ごとに、その6月について延滞金賦課日が平成26年3月27日までに該当するときは5%、平成26年3月28日以降に該当するときは2.5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。
平成10年2月以前に貸与が終了し、口座振替の手続きを行って返還
平成17年4月以降採用 延滞している割賦金の額に対して、返還期日の翌日から返還した日までの日数に応じて、平成26年3月27日までは年(365日当たり)10%、平成26年3月28日以降は年(365日当たり)5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。
第二種奨学金
(利息付き)
平成10年2月以前に貸与が終了し、年1回払込用紙で返還 延滞している割賦金(利息を除く)の額に対して、返還期日の翌日から返還した日までの日数に応じて、平成26年3月31日までは年(365日当たり)10%、平成26年4月1日以降は年(365日当たり)5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。
平成10年3月以降に貸与が終了 延滞している割賦金(利息を除く)の額に対して、返還期日の翌日から返還した日までの日数に応じて、平成26年3月27日までは年(365日当たり)10%、平成26年3月28日以降は年(365日当たり)5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。
平成10年2月以前に貸与が終了し、口座振替の手続きを行って返還

連帯保証人・保証人への請求

延滞すると、連帯保証人や保証人へ請求書が送付されることになります。