返還期限猶予にかかる願出用紙は、以下よりダウンロードしてください。

【1】奨学金返還期限猶予願【必ず提出】

【1-1】一般猶予

一般的な返還期限猶予申請の様式です。

【1-2】所得連動返還型無利子奨学金の返還期限の猶予

所得連動返還型無利子奨学金を貸与された方が、当制度の申請条件を満たし、申請される場合の様式です。

【1-3】延滞据置猶予

数年延滞があり、延滞開始年月からの証明書が提出できない方が、延滞期間を据え置いて猶予申請する場合の様式です。

【2】希望猶予期間中に休職・休業している場合

傷病により休職中、または休職により経済困難である場合

産休・育休により休業している場合

【3】事情書

【3-1】「新卒」で願い出る場合で、所定の書類が提出できない場合

【3-2】所得連動返還型無利子奨学金の猶予で、奨学生本人が被扶養者である場合

【3-3】猶予開始希望月が4月から9月の無職の方が、所定の用紙が提出できない場合

【4】「収入基準を超える場合に認められる控除」を申請する場合

【4-1】一般猶予

一般的な返還期限猶予申請の様式です。

【4-2】延滞据置猶予

数年延滞があり、延滞開始年月からの証明書が提出できない方が、延滞期間を据え置いて猶予申請する場合の様式です。

【4-3】共通

【5】返還期限猶予の適用期間の短縮を希望する場合


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。