海外留学している方が対象です。

  • 国内の大学等に在籍し留学する場合と、国内の大学等に在籍せず留学する場合では提出書類が異なります。
  • 国内の学校に在籍せず留学する場合は、大学・大学院等の学位取得課程に在学するか、在籍期間9か月以上の場合は「在学猶予」の対象となります。(猶予期間の取得年数の制限はありません。)
  • 語学学校等で在籍期間9か月未満の場合は、「一般猶予」の願い出となります。(猶予期間は他の取得制限あり事由と通算して10年が限度です。)

外国の学校に在学している場合の猶予申請方法

国内の大学等に在籍し留学する

対象

国内の大学等に在籍したまま海外留学される方。

猶予期間

1回の届け出により、その学校の在籍期間を猶予。
※在学猶予の申請になります。取得年数の制限はありません。

申請書類

国内の大学等に在籍せず留学する(大学等の正規学生、または在籍期間9か月以上)

対象

国内の大学等には在籍せず、大学・大学院等の学位取得課程に留学するか、在籍期間9か月以上の課程に留学される方。

猶予期間

1年ごとに願い出る。その学校に在籍している間。
※在学猶予の申請になります。取得年数の制限はありません。

留意事項

猶予願の【願出の事由】欄は、「その他」にチェックし、カッコ内に(外国在学)と記入してください。

申請書類

所定の「猶予願&チェックシート」にあわせて、以下(1)~(3)いずれかの証明書を本機構へ提出してください。
※「コピー」と記載がないものはすべて「原本」が必要です。

証明書の種類 (1) 在学証明書コピー + ビザのコピー
※学位取得課程に在籍していることがわかる、または同一校に継続して9か月以上在籍することの記載があるもの。
※在学証明書については表外の(参考)例文を参照してください。

(2) 入学許可書コピー + ビザのコピー
※申請できる猶予期間は入学月より6か月間となります。 まだ入学前であるため在学証明書が取得できない場合の取り扱いです。

(3)履修登録書コピー + ビザのコピー 
※できるだけ(1)在学証明書コピー+ビザのコピーを提出してください。
  • 外国語の証明書には日本語訳を添付してください。
  • オーストラリアの「CoE」は、移民局発行であるが外国学校証明がないため、ビザとしての取り扱いになります。
  • アメリカの「Form I-20」は移民局発行であり外国学校証明もあるため、入学許可書およびビザとしての取り扱いになります。
  • イギリスにおける外国学校発行の「CAS statement」は、入学許可書として取り扱います。
  • 海外大学日本校に在学する場合はビザの提出が不要です。「奨学金返還期限猶予願」の事情欄に「日本国内に在学しているためビザは不要である。」ことを記入してください。

国内の大学等に在籍せず留学する(在籍期間9か月未満)

対象

語学学校等、大学・大学院以外の学校に留学し、在籍期間9か月未満である方。

猶予期間

1年ごとに願い出る。 他の取得年数制限あり事由と通算して10年が限度。
※一般猶予の申請になります。

申請書類

以下のいずれかの事由の申請書類を揃えて、本機構へ提出してください。


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。