対象

所得証明書等による年収(所得)は収入基準を超えるものの、減収により、今年分の推定年収が基準額を下回る方。

収入・所得条件

減収を証明する書類(給与明細コピー・給与証明書等)について、経済困難の収入(所得)基準で審査します。

  • 本機構の基準に基づき、ご提出の書類から試算した年間収入(所得)金額を基に審査します。
  • 給与所得者の目安として、給与明細書の1か月分の総賃金支払額が20万円(賞与の支給がある場合。賞与の支給がない場合は25万円)を超える場合は推定年間収入金額が承認基準の300万円を超過します。

参考: 経済困難の収入(所得)基準

給与所得者 年間収入金額(税込) 300万円以下
給与所得以外の所得を含む場合 年間所得金額(必要経費等控除後) 200万円以下

留意事項

  • 猶予願の【願出の事由】欄は、「経済困難」にチェックしてください。
  • 給与所得者の場合、猶予願の[事情]欄に賞与の有無を明記してください。

申請書類

所定の「猶予願&チェックシート」にあわせて、以下の証明書を本機構へ提出してください。
※「コピー」と記載がないものはすべて「原本」が必要です。

証明書の種類 (1)「経済困難」の証明書 【リンク先1】

以下のいずれか1点を(1)に追加してください。

【給与所得者】
(2)直近連続3か月分の給与明細コピー、または給与証明書(事業所名・奨学生本人名・支給総額・支給年月が明記されたもの。勤務先が2か所以上あるときはすべて同一月のもの)

【給与所得者以外】
(3)奨学生ご本人の収入が分かる帳簿、直近連続3か月分コピー(自営業等の場合に限り有効。会計ルールに則った会社名が明記された帳簿が必要です。)
証明書発行者 (2)勤務先