申込先

現在在学している学校で申込みをしてください。

採用時期

年間を通じて随時。

  • ただし、予算の運用上、翌年度の採用になる場合があります。

対象者

失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。

  • 該当事由などの詳細については学校に必ずご確認ください。
  • 休学中、留年中(過去の休学が事由によるものは除く)、留学中の人は、申込みできません。また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。


災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。

学力基準・家計基準

以下の条件に該当する者。

大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)

  • 今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者
  • 学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者

大学院

1.学力基準
大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。

2.家計基準
以下のいずれかに該当する者。

  • 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者
  • その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者

貸与始期・貸与終期

貸与始期

家計急変の事由が発生した月または採用年度の4月以降で申込者が希望する月。ただし、入学した月より前に遡って貸与を受けることはできません。

貸与終期

標準修業年限が終了するまで。

貸与月額

貸与月額は以下の表のとおりです。

区分 貸与月額(選択制)
大学・短大・高専(4・5年)・専修(専門) 3万円・5万円・8万円・10万円・12万円から選択
大学院 5万円・8万円・10万円・13万円・15万円から選択
  • 12万円を選択した場合に限り、私立大学の医・歯学課程は4万円、薬・獣医学課程は2万円の増額が可能です。
  • 法科大学院の法学を履修する課程に在学する者については、15万円を選択した場合に限り、4万円又は7万円の増額貸与を受けることができます。