Japan Alumni eNews Vol.141

Japan Alumni eNews Vol.141 2021年1月8日

お知らせ

2021年4月より、これまでご愛読いただいている日本留学ネットワークメールマガジンに代わり、新たにSNSをスタートする予定です。読者の皆様、SNSでの交流をどうぞご期待ください。

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

日本の1月

1月号のLife in Japan by Photoは「日本の1月」をご紹介します。

初日の出

初日の出

神仏にそなえる餅飾り

神仏にそなえる餅飾り

書き初め

書き初め

野草や野菜を入れたお粥

野草や野菜を入れたお粥

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:日本人宇宙飛行士を乗せた初の本格民間商用宇宙船の打ち上げ・ドッキングに成功

11月16日9時27分(日本時間)に、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人のクルーを乗せたアメリカの商用有人宇宙船「クルードラゴン」が、ケネディ宇宙センターから打ち上げられました。日本時間の17日13時過ぎには国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)とのドッキングが成功し、約半年間の長期滞在ミッションを開始しました。野口さんにとっては今回が3回目の宇宙飛行で、ISS長期滞在ミッションへの参加は2回目となります。今回のミッションでは、ISSに接続した日本の実験棟「きぼう」を利用して、ライフサイエンスや医学実験をはじめ、超小型衛星の放出、技術実証などの実施を予定しています。

NEWS2:世界の帰国外国人留学生を招く「帰国留学生総会」を開催へ

外務省は2021年度にも、元外国人留学生が組織する海外の帰国留学生会の代表者からなる「帰国留学生総会」の開催を計画しています。具体的には、帰国留学生会の代表者を日本に招き、意見交換会や外部有識者による講演会、日本事情の視察・企業訪問などの実施を予定しています。さらにレセプションを開催し、現役外国人留学生や帰国留学生同士、日本の企業、大学、地方自治体などとのネットワークを構築します。帰国留学生会の活動内容やノウハウを全世界の関係者が共有することで、今後の外交の基礎となる帰国留学生のフォローアップや、海外における人材育成につなげるとしています。

日本留学体験談

ラート デニス ミカエル

名前:ラート デニス ミカエル
出身地:ドイツ
所属学校:福岡大学
専攻:人文学部歴史学科日本史専攻
日本留学期間:2017年4月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1

子供の頃からアニメや歴史、格闘技といった日本の文化に心惹かれていた私は、ドイツの高校を卒業後、一度は訪れたいと思っていた日本で1年間を過ごしました。日本で過ごした時間の中で、日本人の人間性、特に協調性や礼儀正しさに驚嘆し、これらが非常に自分の性に合うと思うようになり、日本で一生を過ごそうと心に決めました。

その後、目標である大学へ入学するための研鑽の日々が続き、日本語能力試験N1を取得。そして、福岡大学への入学を果たしました。日本の古き文化を理解するために日本史を専攻し、日本人の同級生と共に切磋琢磨できたことが心の底から嬉しかったです。また、来日当初とは比べものにならないほど日本語力が上達し、日本人学生にも後れを取らないほどの成績を収めることができたので、これまでの努力は無駄ではなかったと実感しています。

歴史学科における漢文の読み解きを通して、漢字の真意への追究心が芽生えました。3年次になると、日本での就職を真剣に考え始め、就職活動を開始しました。日本では一般企業に就職する際、出身の学部学科が問われないことも多く、自分の好きな学科で学び、全く異なる分野の優良企業に就職できます。これは、ヨーロッパでは絶対にあり得ない、日本ならではの制度です。結果的に私も超一流企業に就職が決まり、将来、日本を拠点として、外国人の強みを生かしたグローバルな仕事ができることを楽しみにしています。

帰国留学生会

日本就職支援事業・帰国後支援事業の紹介

熊本大学留学生就職促進プログラム(CDP+K)

熊本大学留学生就職促進プログラム(CDP+K:Career Development Program + Kumamoto)では、熊本県をはじめとする日本国内での就職を希望する正規留学生を対象に、日本語教育、キャリア教育、インターンシップ、就職セミナーなどを提供しています。各取り組みを主担当とする4名のコーディネーターと事務職員によるきめ細やかな応対はもちろん、電子カルテを利用したスタッフ間の連携、Global Student Assistantとの交流といった本学特有の取り組みにより、新型コロナウイルス禍の遠隔対応にあっても対面対応と遜色のない支援を提供することで、多くの留学生の県(国)内就職(内定)を達成しています。

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

大学紹介

日本の大学・大学院や、学部・研究科などを紹介します。

京都外国語大学

大学外観

【プロフィール】(2020年5月1日現在)
学校名:京都外国語大学
住所:京都府京都市右京区西院笠目町6
在籍者数:4,458名
外国人留学生数:144名

1. 大学の概要(歴史・理念等)

国際交流の拠点4号館

「PAX MUNDI PER LINGUAS-言語を通して世界の平和を-」を建学の精神に1947年創立。日本最多レベルの19言語を学べる外国語学部と、国内外のコミュニティで課題解決に挑戦する国際貢献学部の2学部体制。国際社会の平和に貢献し、次世代を担う「人間力」豊かなリーダーを養成します。また、本学のキャンパスは日本の歴史と文化の中心地である「京都」にあり、街を歩けば必ずと言っていいほど訪日外国人とすれ違います。本物の伝統と文化に触れるチャンスがある京都で日本を学びましょう。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

外国語学部

<外国語学部>
外国語大学ならではの多言語環境を生かし、専攻語を徹底的に学ぶとともに、ひとつの言語圏にとらわれない豊かな国際感覚を身に付けます。19言語から専攻語以外の外国語を選択して学ぶ「第2外国語科目」、「第3外国語科目」を配置しているため、興味や関心に応じて複数の言語に対する理解を深めることができます。必修の授業は習熟度別・少人数制クラスで、プレゼンテーションやディスカッションの機会が豊富。アットホームな環境で全員参加型の授業を展開します。

国際貢献学部

<国際貢献学部>
世界で起きている問題をグローバルな視点でとらえ、解決に導く「チェンジメーカー」を輩出します。学部の核となる学びは「コミュニティエンゲージメント」。2年次の夏・秋に4~6週間、世界中のコミュニティ(地域社会)を活動の場とし、現地の人々との協働を通じて共通する課題:国連の定める17のSDGs(持続可能な開発目標)に取り組みます。学生たちが自らプロジェクトを計画し、社会の中で実践していくことで、グローバル社会を生き抜く異文化理解力やコミュニケーション能力を養います。

3. 外国人留学生への支援の取り組み(住居・奨学金・学費減免等の生活支援)

本学独自の奨学金制度等
・私費外国人留学生対象授業料減額
・森田基金奨学金
・校友会奨学金
・後援会奨学金
・校友会「輝く星となる学生」奨学金

奨学金・助成金・招へい・賞等体験談

リウ ポンイー

名前:劉 鵬芸(リウ ポンイー)
出身地:中国
受けている奨学金の種類:文部科学省外国人留学生学習奨励費
所属:久留米大学
専攻:ビジネス研究科 アカウンティングコース
日本留学期間:2011年10月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1

私は「文部科学省外国人留学生学習奨励費」を受給しています。この奨学金は、研究科で1名程度という狭き門であるため、最初は無理ではないかと尻込みしていましたが、大学職員の方の励ましもあり、チャレンジしてみました。

運よく採択していただいたわけですが、その理由を振り返ってみますと、学部生時代から各種奨学金を受給させていただき、アルバイトを最小限にできたことが大きかったと思います。具体的には、簿記・会計の勉強に力を注ぐことができ、日商簿記2級に合格できたほか、その上の日商簿記1級レベルの勉強や、リース会計に関する卒業論文に打ち込むこともできました。また、学業成績で大学から優等生の表彰を受けることもできました。そして何より、同じ目標を持つ仲間に出会えたことが大きな成果でした。もしアルバイトに時間をとられていたら、彼らと触れ合うこともなかったかもしれません。

後輩たちに伝えたいことは、貴重な大学生活をアルバイトだけに費やしてしまわないでほしいということです。奨学金を有効活用し、その分勉強で成果を上げれば、またワンランク上の奨学金を受給するチャンスも生まれる。こうした好循環をぜひ達成してもらいたいです。

シンポジウム紹介

第26回高専シンポジウムオンライン

全国の高等専門学校の本科並びに専攻科学生の研究発表、知識の交換並びに教員相互の連携の場とし、高専教育に関する学術研究等の普及、地域産業、行政、教育機関並びに市民との連携を密にすることを目的としたシンポジウムです。今年度はコロナ禍に対応するためオンライン開催としています。

日時:2021年1月23日(土曜日)9時~17時(オンライン)
※参加登録者限定会場を準備します。詳しくはシンポジウムウェブページをご参照ください。

学会紹介

学会名:日本国際経済学会(経済学)
所在地:東京都新宿区早稲田鶴巻町518 司ビル3F
会員数:928名・機関(2020年11月現在)
年会費:正会員 9,000円、学生会員・シニア会員 3,000円、法人維持会員 30,000円以上

1. 学会の概要や特徴(歴史・理念等)
日本国際経済学会は、1950年に発足しました。世界経済、国際貿易、国際金融、開発経済、地域研究といった、国際経済の多様な研究対象を包括的に含み、それらを経済学の視点から分析する研究者が多く所属する学会です。
2. 刊行物の名前、発行時期、研究のテーマ等
学会の刊行物には、和文誌の『国際経済』と、英文誌の“The International Economy”の2つがあり、どちらも年1回の刊行です。J-STAGE(※)を通じて、電子ジャーナルとして公開されていますので、世界のどこからでも閲覧できます。

3. 学会大会の内容、開催時期等
大会は年に2回、春の春季大会と秋の全国大会が開催されます。全国大会では、研究者による発表の他に、共通テーマによるシンポジウム、各種学会賞の授与式と記念講演などが行われます。
4. 学会以外のセミナーやシンポジウムなどの活動等
日本国際経済学会には関東、中部、関西という3つの支部があり、それぞれセミナーやシンポジウムを開催しています。現在はCOVID-19の影響で、ほとんどがオンラインで実施していますので、海外からでも参加できます。

日本語試験紹介

※試験が中止になる場合もありますので、お出かけになる前に必ず公式サイトをご自身でご確認ください。

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

就職活動体験談

コウ ヘキエン

名前:洪 璧媛(コウ ヘキエン)
出身地:中国
出身校:長崎国際大学
専攻:人間社会学部国際観光学科
日本留学期間:2015年9月~2018年3月
勤務先企業名:株式会社和楽園
日本語レベル:日本語能力試験N1

私は日本にくる前に香港の短期大学で日本語を専攻しました。自分の日本語を更に精進したく、また、身近に日本の文化を体験したいため、短大卒業後に日本に留学することを決めました。

大学では、勉強だけではなく、さまざまな交流活動を通して、数多くの日本人と出会い、日本の文化、伝統、風習を学ぶことができました。留学の2年間、徐々に生活している地域になじみ、大学で学んだ観光学についての知識を観光業の現場で実践したく、3年生の秋から就職活動に専念しました。多数の企業説明会、面接を経て、内定をいただいた3社から大学に最も近い企業に就職することにしました。

私は、幼い頃から人と話すのが大の苦手でした。しかし、日本での就職活動は日本語で自己アピールしなければなりません。自分の短所を克服するために大学の先生からアドバイスを受けながら、何度も何度も練習を繰り返しました。このような経験があるからこそ、私は今、ホテルのフロントで働くことができています。

就職活動で一番大事なのは自信を持つことだと思います。面接の時、相手に与える第一印象はとても重要だと思います。なお、短時間で好印象を与えるためには日々の努力が必要不可欠です。また、私は企業面接の前に、受験する会社のホームページやパンフレットで企業の基本情報を調べて、企業の文化や方針などを学びました。さらに、面接前に会社まで行って、見学させていただいたこともありました。

今後は、ホテリエとしてのスキルを磨きながら、日本の「おもてなし」の心を身につけて、将来それを活かして母国の観光業に貢献できるよう努めていきたいと思っています。

就職情報コーナー

内定から入社前までの手続き

最終選考の後、企業から採用の意思を伝えられることを「内定」といいます。日本の就職活動は早い時期から始まるので、入社の1年以上前に内定が出ることもあります。内定の通知方法は時期と企業によってさまざまで、内定後には「内定通知書」が送付されてきます。もし複数の企業から内定を得た場合は、どの企業に入社するかを早めに決めて、各企業に入社もしくは辞退の意思を伝えてください。

留学生の場合、入社までに在留資格を「留学」から就労可能な在留資格へ変更する必要があります。変更の手続きのために、入社する企業に用意してもらう書類もあるので、入社が決まったら企業に準備を依頼してください。また企業によっては、入社前に内定式や研修会などを行なったり、課題を出したりすることもあります。企業からの連絡はしっかりと確認するよう心がけましょう。

入社の前には、社会保障制度や納税制度についても理解する必要があります。日本では、給与から社会保険料や税金が支払い前に引かれます。実際に給与を受け取ったときに思ったより少ないと慌てないように、どのような名目でいくらくらい給与から差し引かれるのかをあらかじめ知っておくと良いでしょう。

日本学生支援機構が発行する「外国人留学生のための就活ガイド2022」では、内定から入社までの流れや入社前に確認すべきことを解説しています。以下のサイトからダウンロードすることができるので、あわせてご参照ください。

5. Visit Japan

日本各地の大学などがある地域をご紹介します! 1月号は長野県松本市です。

留学生活と街

長野県松本市

長野県松本市の位置

長野県松本市は、日本列島最大の島・本州のほぼ真ん中にある長野県の、さらに中央に位置している人口約24万人の都市です。伝統的に教育を大事にしてきた地域として有名で、日本最古の小学校のひとつ「開智学校(かいちがっこう)」や、日本で9番目に古い高等学校の「松本高等学校(現:信州大学)」がありました。現在、松本市には3つの大学と1つの短期大学があり、学生が勉学に励んでいます。松本市は長野県の経済の中心として発展してきた歴史もあり、金融機関や企業が支社を置いています。また、日本アルプス(※)の山々に囲まれた豊かな自然環境から、観光地としても人気があります。

※日本アルプス:本州の中部にある3つの山脈の総称。ヨーロッパのアルプス山脈が由来

松本駅周辺の風景

松本市では、8,000人を超える学生が大学や短期大学で学んでいます。書店が多く、大規模書店や歴史ある古書店、飲食も楽しめるブックカフェなど、10数軒もの書店が市内にあります。また、昔からある建物を改装して作られたカフェが多いのも特徴です。松本市の家賃相場は、1人暮らし向けの1Rや1Kの部屋で4万円~5万円ほどとなっています(2020年現在)。

松本城

また松本市には、主に長野県に関係のある作家の作品を展示している「松本市美術館」や、世界的な指揮者である小澤征爾(おざわせいじ)氏が毎年指揮をとる音楽祭「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」の会場として知られる「まつもと市民芸術館」など、芸術文化を楽しめる公共施設が整っています。市街地の中心にそびえたつ松本城は、日本でも数少ない建築当時の建物がそのまま残っている城として有名です。日本の国宝にも指定されており、毎年多くの観光客が訪れる観光スポットになっています。

松本市にある大学・短大には現在、400人ほどの留学生が通っています。松本市では、30年以上も前に市が設立した「松本留学生応援ファミリーの会」が留学生との交流事業を担っており、市内観光旅行や交流会、日本語スピーチコンテストなどを積極的に開催しています。

6. NIPPON Information

日本の情報を紹介するコーナーです!

暮らしの情報

日本の交通ルール

交通ルールは国によって異なります。交通事故にあったり、事故を起こしたりしないように、その国のルールをよく学びましょう。今回は、日本の交通ルールについて解説します。

自転車に乗る人

まずは自転車について説明します。日本では、自転車も自動車などと同じ「道路交通法」という法律の対象になっているので、このルールを守って走らなければなりません。まず自転車は、車道の左側に寄って走るのがルールです。ただし、「自転車歩道通行可」の標識がある場合は歩道を走っても構いません。歩行者に十分注意しながら走りましょう。2人乗りや、2台以上の自転車で並走すること、傘やスマートフォンなど物を持ちながらの走行、イヤホンなどで音楽を聴きながらの走行などは法律で禁止されています。飲酒運転も禁じられています。また、夜や外が暗い時には、自転車のライトをつける必要があります。さらに防犯登録もしなければなりません。防犯登録とは、自転車の車種や車体番号、所有者の住所・氏名を登録する制度で、自転車をお店で買った時や人からゆずってもらった時に必要です。日本では放置されている自転車でも、勝手に使うと犯罪になるので注意しましょう。

日本の主な交通標識

次に自動車やオートバイの運転について説明します。日本では、自動車やオートバイは、往復の方向が分けられていない道路は左側を通行します。右側通行の運転に慣れてしまっている場合は、特に運転に気を付ける必要があります。十字路や丁字路では、自動車などが右側から来ることに注意すべきです。また、お酒を飲んだあとは絶対に運転せずに、タクシーやバス、電車を使うか歩いて帰りましょう。運転手が飲酒運転であることを知りながら自動車に乗ることも罰せられます。歩行者優先も重要なルールです。横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる場合は、自動車やオートバイは横断歩道の手前で速度を落としたり停止しなければなりません。

ほかにも、制限速度を守って走ることや、一時停止の標識がある場所では必ず一時停止すること、自動車では運転手以外もシートベルトをすることなど、守るべきルールはたくさんあります。日本では、大学や自治体、警察が留学生向けに、交通ルールやマナーに関する講習会を開いているので積極的に参加しましょう。

教えて日本

文化や技術、人々の生活に関することなど、日本に関するトピックスを紹介します。1月号は、日本の着物文化について紹介します。

日本の着物文化

着物は日本の代表的な文化のひとつです。洋服を着るのが当たり前になった現代の日本でも、さまざまな場面で着物を着る習慣が残っています。最近はレンタルサービスもあり、誰でも着物を気軽に楽しめるようになりました。今回は、日本の着物文化についてご紹介します。

着物を着付けてもらう人

日本では元々着る物全てが「着物」と呼ばれていました。ところが150年ほど前から、ヨーロッパの衣服である洋服が日本でも着られるようになり、日常の衣服として定着。一方で、昔から日本にあった着物は「和服」と呼ばれるようになり、特別な場面で着ることの多い衣服へと変わっていきました。

紋付袴と白無垢

現在、着物を着る場面は、結婚式や葬式、卒業式など、人生のさまざまな重要イベントがほ とんどになっています。成人式や卒業式、正月などのめでたい時に女性が着るのは、色あざやかで豪華な「振袖(ふりそで)」という着物です。結婚式で新婦は「白無垢(しろむく)」と呼ばれる白一色の格式高い着物や、華やかな模様と金・銀の糸が特徴の「色打掛(いろうちかけ)」という着物を着ます。男性も、成人式などのめでたい場面で「紋付袴(もんつきはかま)」と呼ばれる着物を着る人がいます。

着物を代々受け継いで着続ける文化が日本にはありますが、ここ最近では、親などから譲り受けたり買ったりせずにレンタルで済ます人も増えています。成人式や結婚式で着る正装としての高価なレンタルもありますが、安価な観光客向けのレンタル着物もあるので、ぜひ体験してみてください。

浴衣を着る男女

現代でも日本では、カジュアルな着物として知られる「浴衣(ゆかた)」を着る人が老若男女問わず多くいます。浴衣は元々お風呂上がりなどに着る部屋着の一種でした。そのため風を通し着心地が良く、今は夏祭りや花火大会などのイベントで着て楽しむ人が増えています。浴衣は、大手スーパーマーケットなどで安く手に入るので、気軽に楽しめる着物と言えます。

政府広報誌等

文化・スポーツ等を含む日本の広報資料の紹介です。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2020年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

配信対象国:全世界(主にインドネシア、韓国、タイ、台湾、中国、中国(香港)、ベトナム、マレーシアの8つの国と地域)
詳細は以下のホームページをご覧ください。

日本留学海外拠点連携推進本部関連の2020年度イベント

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebook・Instagramページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2021年1月号を1月12日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

今月の新規掲載大学
千葉大学
九州大学

「外国人留学生のための就活ガイド」

就活ガイド2022

外国人留学生が、日本で就職活動をするために必要な情報が満載のガイドブックです。就職活動の準備から、エントリー、採用試験、在留資格の変更等、活動の時期に応じて必要な情報をわかりやすく解説しています。

「外国人留学生のための就活ガイド2022」の日本語版が完成しました。2022年版冊子の送付については2月末より開始の予定です。

8. 編集部より

今月の「教えて日本」では、「日本の着物文化」を取り上げました。今は日本人でも、自分で着物を着ることができる人はあまり多くありません。特に、正装として着物を着るような時は、美容院やホテルなどで着付けを頼むことが多くなっています。わたしの曾祖母(そうそぼ:祖母の母)は普段から着物を着ていたそうです。祖母も自分で着ることができたそうですが、着物姿を見たことはありません。今はむしろ、夏祭りや花火大会、観光地などで、若い人たちが浴衣や着物を気軽に楽しんでいる姿を多くみかけます。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は2021年2月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ・キャリア支援係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。