独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「奨学金」カテゴリのコンテンツです。

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

申込資格・選考基準(2020年度進学予定者)

2020年度に大学等へ進学する希望を持っていて、以下の1.申込資格及び2.選考基準の両方を満たす人が対象になります。

既に大学等に在学している人の申込資格等については、別途お知らせします。

1.申込資格

次の(1)または(2)のいずれかに該当する人が申し込めます。
(1)2020年3月に高等学校等(本科)を卒業予定の人
(2)高等学校等(本科)を卒業後2年以内の人

2019年の秋季に卒業予定の人も対象となります。
高卒認定試験合格(見込)者も対象となる場合があります。詳細は決定次第、ご案内いたします。

【外国籍の人の申込資格】

外国籍の人は、上記に加えて、次の(1)~(3)のいずれかに該当する人のみ申込みができます。
申込みの際は、在学する学校(または出身校)を通じて、在留資格及び在留期間の記載がある「住民票の写し」または在留カードのコピーの提出が必要となる予定です。
(1)法定特別永住者(※1)
(2)在留資格(※2)が、「永住者」、「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」である人
(3)在留資格が「定住者」であって、将来永住する意思がある人

※1 法定特別永住者は、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(平成3年法律第71号)に定める法定特別永住者を指します。
※2 在留資格は「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号)の定めによります。

2.選考基準

次の(1)と(2)の両方を満たす必要があります。

(1)学力基準

以下の1.もしくは2.のいずれかに該当する必要があります。
1.高等学校等における全履修科目の評定平均値が、5段階評価で3.5以上であること(※1)
2.将来、社会で自立し、及び活躍する目標をもって、進学しようとする大学等における学修意欲を有すること(※2)

※1 専修学校の高等課程の生徒等は、これに準ずる学修成績となります。
※2 学修意欲等の確認は、高等学校等において面談の実施又はレポートの提出等により行います。

(2)家計基準(収入基準・資産基準)

次の「収入基準」及び「資産基準」のいずれにも該当する必要があります。

ア.収入基準

【第1区分】
あなたと生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること(※1)。
【第2区分】
あなたと生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第3区分】
あなたと生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が25,600円以上51,300円未満であること。

※1 ふるさと納税、住宅ローン控除等の税額控除の適用を受けている場合、各区分に該当しない場合があります。
※2 支給額算定基準額(a)=課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)(b)(100円未満切り捨て)
(a) 市町村民税所得割が非課税の人は、(※1)の場合を除き、この計算式にかかわらず、支給額算定基準額が0円となります。
(b) 政令指定都市に対して市民税を納税している場合は、(調整控除額+調整額)に4分の3を乗じた額となります。

なお、それぞれの区分における収入の上限額の目安は以下のとおりとなります。

【(○)が給与所得者の世帯(年間の収入金額)】                               (単位:万円)
世帯人数 想定する世帯構成 第1区分 第2区分 第3区分
(a)2人 本人、母(○) 207 298 373
(b)3人 本人、母(○)、中学生 221 298 373
(c)4人 本人、親A(○)、親B(無収入)、中学生 271 303 378
(d)4人 本人、親A(○)、親B(○)、中学生 親A:221
親B:115
親A:242
親B:155
親A:320
親B:155
(e)5人 本人、親A(○)、親B(パート)、大学生、中学生 親A:321
親B:100
親A:395
親B:100
親A:461
親B:100
【(○)が給与所得者以外の世帯(年間の所得金額)】                            (単位:万円)
世帯人数 想定する世帯構成 第1区分 第2区分 第3区分
(a)2人 本人、母(○) 125 176 230
(b)3人 本人、母(○)、中学生 137 178 234
(c)4人 本人、親A(○)、親B(無収入)、中学生 172 191 255
(d)4人 本人、親A(○)、親B(給与所得者)、中学生 親A:137
親B:115
親A:138
親B:155
親A:185
親B:155
(e)5人 本人、親A(○)、親B(パート)、大学生、中学生 親A:207
親B:100
親A:256
親B:100
親A:309
親B:100
表中の数字はあくまで目安です。収入基準は収入・所得に基づく課税標準額等により設定されているため、世帯構成、障害者の有無、各種保険料の支払い状況等により、目安の金額を上回っていても対象となる場合や、下回っていても対象とならない場合があります。


また、「進学資金シミュレーター」で、収入基準に該当するかおおよその確認ができますので、ご利用ください。

イ.資産基準

あなたと生計維持者(2人)の資産額(※)の合計が 2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること。

資産とは、現金やこれに準ずるもの(投資用資産として保有する金・銀等、預貯金、有価証券の合計額を指し、土地等の不動産は含みません)。
なお、資産に関する証明書(預金通帳のコピー等)の提出は不要となる予定です。

【収入と資産について(イメージ図)】上表の(c)の場合

収入と資産のイメージ図

ピックアップ

  • 進学資金シミュレーター
  • 奨学金貸与・返還シミュレーション
  • スカラネットパーソナル
  • モバイルサイト