報道関係者各位

2019年度東京国際交流館国際シンポジウム「海外留学の客観的効果測定」開催のお知らせ

独立行政法人日本学生支援機構では、国立大学法人広島大学との共催により、令和元年(2019年)10月4日(金曜日)に「海外留学の客観的効果測定」と題した国際シンポジウムを開催いたします。
大学における近年の留学プログラム、特に短期プログラムの増加に伴い、アンケートや自己評価によるのではない検証や評価・分析が求められています。本シンポジウムでは、留学の学習効果についての客観的測定手段として、現在日本国内において利用可能な各種ツール・テストを用いた実践例を紹介しつつ、留学の学習成果分析を考察します。参加費は無料です。どうぞ奮ってご参加ください。

1.題名
2019年度東京国際交流館国際シンポジウム「海外留学の客観的効果測定」

2.主催等
(主催)独立行政法人日本学生支援機構、国立大学法人広島大学
(後援)文部科学省、外務省
(協力)筑波大学、関西大学、上智大学

3.日時
令和元年(2019年)10月4日(金曜日) 9時40分~17時00分(9時20分開場)

4.会場
東京国際交流館プラザ平成3階国際交流会議場
東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村内

5.プログラム(日英同時通訳あり)
9時40分:開会挨拶
10時00分:基調講演「国際的・多文化的な学習における変容学習」
ミシガン州立大学 John Dirkx教授
10時40分:基調講演「国際的・多文化的・変容学習の効果測定」
ジェームズ・マディソン大学 Craig N. Shealy教授 / Lee Sternberger教授
12時30分:事例紹介
<PROG> 芝浦工業大学(株式会社リアセック)
<GPS-Academic> 立命館大学(株式会社ベネッセi-キャリア)
<留学アセスメント> 東北大学 / 一橋大学 / 行動特性研究所 (JAOS)
<BEVI-j> 琉球大学 / 関西大学 / 広島大学
16時15分:パネルディスカッション・全体統括
16時50分:閉会挨拶
17時30分:レセプション

公益財団法人中島記念国際交流財団助成事業

本件についてのお問合せ先

留学生事業部 留学生事業計画課支援計画係 成瀬、住吉
  • 電話03-5520-6012
  • FAX03-5520-6013
  • E-mailnak【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。