竹永 勇真さん(たけなが ゆうま)さん

竹永 勇真さん(たけなが ゆうま)さん

プロフィール(受賞当時)
同志社大学 理工学部 4年
〔ゲーム〕 東京ゲームショウ無料出展選考突破。日本ゲーム大賞アマチュア部門で最終選考進出(VR作品で歴代初)。同志社ローム記念館大賞を3年連続受賞。

メッセージ

この度は、このような栄えある賞を頂き、とても嬉しく思っております。活動を支えてくださったみなさまに心から感謝申し上げます。
私は高校生の頃からゲームを作っていました。そして大学に進学後、集団開発を学ぶためVRゲームを開発するプロジェクトを立ち上げました。元はプログラマーでしたが、ゲームのプランニングやメンバーの力を最大限に引き出すマネジメントなどにも挑戦することができました。
私は学生生活の醍醐味は「挑戦」だと思っています。今までに学んだことがない分野を調べて研究したり、新しい業界へ進出したり、経験したことのない役割を体験する。世界を一気に広げられるチャンスです。学生は失敗しても許されますし、失敗から学ぶこともたくさんあります。もちろん成功して、大きな成果を残すこともできるかもしれません。全ての始まりは「挑戦」からです。
自分の大好きなものを見つけて、とことんそれに向き合い、突き詰めてほしいです!

中條 武(ちゅうじょう たけし)さん

中條 武(ちゅうじょう たけし)さん

プロフィール(受賞当時)
東京大学 経済学部 4年
〔教育プログラム〕FULMA株式会社を学生5人で運営。体験型プログラム"YouTuberになる"から学べる日本初の小学生向け教育プログラム「You Tuber Academy」を立ち上げ、延べ1000人以上が参加。

メッセージ

今回はこのような名誉ある賞をいただき、誠に嬉しく思います。私がこのような賞をいただけたことは、偏に私と一緒に活動してくれているメンバー、私たちを支えてくれる皆様、そして家族のおかげです。誠にありがとうございます。
「楽すれば楽が邪魔して楽ならず 楽せぬ楽がはるか楽々」これは、私の座右の銘です。人はいつだって楽をすることはできます。楽をすることは悪ではありません。しかし、楽をした先には私の目指すものはありません。私の目標は「文化を創る」ことです。文化は、流行り廃りとは無縁で、私が死んでからも生き続けます。そのようなものを自分の人生の間に創ることができたら、これほど幸せなことはないと思っています。私が求めているものは、その目標を達成するという自己実現の快楽です。
皆さんはどのような「楽」を求めて生きますか。

服部 司(はっとり つかさ)さん

服部 司(はっとり つかさ)さん

プロフィール(受賞当時)
東京都立産業技術高等専門学校 ものづくり工学科 5年
〔産業デザイン〕 産業デザインを中心とした分野のコンテストにおいて、5つの賞を受賞。全国高等専門学校デザインコンペティション2015では最優秀賞を受賞。

メッセージ

この度はこのような名誉ある賞をいただき、大変嬉しく思います。私の活動を支えてくださった多くの方々に心より感謝申し上げます。
皆さんは、興味はあるのに始めていないことはありませんか。もしそのようなことがあれば、最初の一歩を踏み出してみてください。結果に関わらず、良い経験になるはずです。
行動を起こして失敗しても、経験を得ることできます。失敗を恐れて行動しないと、後悔ばかりが残ります。このように考えると、行動しないのはもったいなく思えませんか。
私は高専在学中に様々なコンテストへ参加したことで、多くの方々と交流することができ、自分がやりたいことを見つけることができました。そして、進学先では工業デザインを学ぶことを決めました。
皆さんも是非、行動を起こしてみてください。初めてのことには自信がないのは当たり前ですが、その初めての繰り返しが自信につながっていくと思います。皆さんこれからのご活躍に期待しております。私自身、これからも様々なことに挑戦していきます。