最新情報はこちらをごらん下さい。


1.JASSO支援金とは

学生や留学生のみなさんが、通学のために住んでいる家が、半分以上壊れたり、床上浸水したりするなどした場合、一日でも早く元の生活に戻り、学業をつづけることができるよう、JASSOでは、支援金(10万円)を支給しています(返す必要はありません)。
なお、このJASSO支援金は、JASSOへの尊いご寄附をもとにしています。

2.申請の資格

次のすべてに該当する方

(1)日本国内の大学、短期大学、大学院、高等専門学校、専修学校専門課程のうち、JASSOの奨学金貸与または給付対象校・対象学科に在学中の方

  • 科目等履修生、研究生、聴講生等は除きます。
  • 本機構の奨学金や他団体の経済的支援を受けていても申請することができます。

(2)自然災害や火災などにより、学生本人が通学のために現に住んでいる家が、半壊(半流出・半埋没及び半焼失を含みます)以上の被害を受けたり、床上浸水となったり、自治体からの避難勧告等が1か月以上続いたりした方

  • ふだんは住んでいない、帰省先の実家は対象外です。
  • 入学前・休学中に発生した災害は対象外です。
  • 同一の災害につき、申請は1回とします。

(3)学修に意欲があり、修業年限で学業を確実に修了できる見込みがあると学校長が認める方

  • 成績不振により留年中の方は除きます。ただし、成績自体に問題はなく、留学等のために同一学年を再履修している方は対象となります。

3.申請のしかた

在学している学校を通して、JASSOに申請します。希望される方は、次の書類を学校に提出してください。

日本人学生

外国人留学生

自治体が発行する罹災証明書(りさいしょうめいしょ)※

※コピー可
※すぐに発⾏されない場合は、自治体に発行手続きをしたときの申請書類のコピー

申請期限

学校からJASSOへの申請期限は、災害がおきた日の次の月から数えて、3か月以内となっていますので、ご注意ください。
(例)
「令和元年8月の前線に伴う大雨」:11月30日(消印有効)
「令和元年台風第15号」:12月31日(消印有効)
「令和元年台風第19号」: 1月31日(消印有効)


この情報をご紹介ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

学校担当者からのお問い合わせ先

独立行政法人日本学生支援機構 政策企画部 広報課 JASSO支援金担当
  • 〒162-8412 東京都新宿区市谷本村町10-7
  • 電話03-6743-6011