申請者が外国人留学生の場合における、支援金の申請から支給までの流れについて説明しています。

【学生等が行う手続き】

支援金の支給を希望する外国人留学生は、以下の書類を在学する学校に提出してください。

  • 本人及び学校から提出された書類については、支給の取り消し及び取り下げとなった場合を含め返却しません。

<半壊以上の被害を受けた場合>

罹災証明書(コピー可)。罹災証明書の発行に時間がかかる場合は、市区町村役場等で罹災証明書の発行手続きを行った際の申請書類一式のコピーを在学する学校に提出してください。

  • 罹災証明書は、全壊、半壊、床上浸水等、罹災状況の記載があり、住宅に物的損害を受けたことがわかるものとする。断水・停電理由の罹災証明書では支給しません。
  • 市区町村役場等で罹災証明書の発行手続きを行った際の申請書類一式のコピーで申請した場合は、追って罹災証明書を学校経由で提出してください。半壊以上の罹災証明書の提出を本機構で確認した後、支援金の振込みを行います。

<長期避難の場合>

自治体の避難勧告等による住居への立入禁止等が1か月以上継続したことがわかる自治体のホームページの公示を印刷したもの等、公的な客観資料。

【学校が行う手続き】

学校等の事務担当者は、外国人留学生から申請があった場合、以下の手順で、本機構理事長宛に学校長名で推薦してください。なお、推薦には、本ホームページからのデータの送信と、書類の郵送の両方が必要となりますのでご注意ください。

1. 申請資格等、申請内容の確認

以下について確認してください。

2. 推薦関係書類の作成及びデータ送信

3. 本機構への推薦(郵送)

  • 書類提出の際は、封筒の表に「JASSO支援金申請書等在中」と朱書きの上、申請期間内(消印有効)に簡易書留で送付してください。

4. 申請者への審査結果の通知

本機構は、審査結果について次の書類を学校に送付しますので、学校は、申請者に支給の可否を通知してください。
[支給対象者について]
・「JASSO支援金の申請結果について」 (学校用)
・「JASSO支援金の申請結果について」の別紙 (学校用)
・「様式6_受領報告書(外国人留学生用)」
[支給対象外の者について]
・「JASSO支援金の申請結果について(支給対象外)」(学校用)
・「JASSO支援金の申請結果について(支給対象外)」の別紙 (学校用)

5. 支給対象者への支援金の支給

6. 「様式6_受領報告書(外国人留学生用)」の提出

学校担当者は、支給対象者に支援金を支給した際、本機構から送付する「様式6_受領報告書(外国人留学生用)」に受領者本人のサインを得て、原則として、「JASSO支援金の申請結果について」(学校用)別紙に記載されている振込予定日より1か月以内に本機構へ提出してください。

その他