令和2年6月
独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)


従前より大学、大学院及び短期大学の学生を対象として学生生活調査(文部省が昭和43年度に開始)を隔年で実施していますが、この度、高等専門学校(第4、5学年)の学生及び専修学校(専門課程)の生徒(以下「学生等」という。)についても対象とし、学生生活調査にかかる試行的実施として、本調査を実施いたしました。
このため、調査時期や調査方法等は、学生生活調査と同様のものとなっています。

平成30年度学生生活調査の詳細については、下記ページをご参照ください。

1.調査の目的
この調査は、全国の学生等を対象として、学生等の生活状況を把握し、学生等にかかる生活支援事業の改善を図るための基礎資料を得ることを目的としています。

2.調査の対象
高等専門学校(第4、5学年)、専修学校(専門課程)本科の学生等
(社会人学生等を含む。通信課程、休学者及び外国人留学生は除く。)

3.調査の時期
平成30年11月

4. 調査数
高等専門学校生生活調査
下記の抽出率によって在籍学生(平成30年5月1日現在の学校基本調査による。)から抽出した数で、全国の高等専門学校生(第4、5学年)21,056人の中から5,422人を調査対象としました。(回収率64.6%、有効回答数3,501人)

区分 国立 公立 私立
高等専門学校 35分の9
※上記の数値は、在籍学生数に対する依頼調査数の割合を示したものである(依頼調査数/在籍学生数)。
※高等専門学校については国立・公立・私立別での集計を前提としておらず、高等専門学校全体での抽出率となる。

専修学校生生活調査
下記の抽出率によって在籍生徒(平成30年5月1日現在の学校基本調査による。)から抽出した数で、全国の専修学校生(専門課程)588,315人の中から18,000人を調査対象としました。(回収率75.4%、有効回答数13,565人)

区分 国立 公立 私立
専修学校 26分の5 85分の2
※上記の数値は、在籍生徒数に対する依頼調査数の割合を示したものである(依頼調査数/在籍生徒数)。

5.調査方法
あらかじめ、この調査の対象となる全在籍学生等の中から、本機構が依頼した調査数の学生等を「無作為抽出方法」によって抽出後、所定の調査票を使用して調査を行いました。

調査結果

高等専門学校生生活調査結果(平成30年度(試行))

平成30年度学生生活調査結果(大学・大学院・短期大学)は下記をご参照ください。

専修学校生生活調査結果(平成30年度(試行))

平成30年度学生生活調査結果(大学・大学院・短期大学)は下記をご参照ください。

高等専門学校生生活調査・専修学校生生活調査結果に関する留意事項

○調査結果における留意事項