貸与奨学金(海外)<第二種奨学金>に関するご質問

申込み

海外留学の対象となる学校・課程を教えてください。

A.

大学・大学院等の学位(学士号:Bachelor’s Degree、修士号:Master’s Degree、博士号:Doctor’s Degree)を取得する課程が対象となります。語学学校や語学コース(ESLコース)は対象となりません。

【海外の短期大学】
海外の短期大学を卒業後直ち(1年以内)に、学位(学士号:Bachelor’s Degree)取得を目的に海外の四年制大学に編入学する場合には、海外の短期大学において奨学金の貸与が可能です。ただし、当初の貸与期間(奨学金を借りられる期間)は短期大学卒業までとなりますので、四年制大学の奨学金は、編入学後に所定の手続きを行う必要があります。
海外の短期大学卒業後、海外の四年制大学へ編入学する予定がない場合は、奨学金の貸与対象となりません。

【海外大学日本校】
海外大学日本校のうち、第二種奨学金(海外)の申込対象となる海外大学日本校は以下のとおりです。
・テンプル大学ジャパン
・レイクランド大学ジャパン・キャンパス
・天津中医薬大学日本校
・北京語言大学東京校
・アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院日本校
・マギル大学ジャパン
・国際連合大学(大学院)

【ファンデーションコース(大学入学準備コース)】
日本の教育制度との違いからファンデーションコース(大学入学準備コース)の修了が義務付けられている国(イギリス、オーストラリア、ニュージーランド等)の海外大学へ進学する場合に限り、ファンデーションコースにおいて奨学金の貸与が可能です。ただし、語学能力が不足しているために入学準備コースとして、語学コース(ESLコース等)を受講する場合は、語学コース在籍期間は奨学金の貸与対象期間とはなりません。

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。