マイナンバーに関するご質問

減額返還・返還期限猶予の申請

誰の身元確認書類を用意すればよいですか。身元確認書類は何を用意し、提出すればよいですか。

A.

返還者本人の身元確認書類を用意してください。
身元確認書類として認められる公的身分証明書は、「番号確認書類及び身元確認書類の準備」又は下記関連ページをご覧いただき確認してください。「身元確認書類」は「マイナンバー(個人番号)提出書」「番号確認書類」と併せて提出してください。
なお、2点の提出が必要な公的身分証明書がありますので、注意してください。
※証明書をコピーする際は、全体が見えるようにコピーし、氏名と生年月日が記載されている頁を提出してください。           

〇1点の提出で認められる公的身分証明書(顔写真付)のコピー
マイナンバーカードの表面、パスポート、運転免許証等

〇2点の提出が必要な公的身分証明書(氏名と生年月日又は住所の記載が必要)のコピー
健康保険証、生活保護受給者証(生活保護受給証明書は不可)または年金手帳(本人氏名と生年月日又は住所の記載が必要)、「その他の公的機関が発行した証明書類」

※健康保険証のコピーを提出する場合は、必ず記号・番号を読み取れないように塗りつぶしてください。
※「その他の公的機関が発行した証明書類」とは納税証明書、所得証明書、印鑑登録証明書、戸籍の附票の写し、住民票の写し等となります。
注意:番号確認書類として住民票の写しを提出する場合、住民票の写しを身元確認書類として利用できません。
※生年月日が記載されていない証明書の場合は、氏名と住所により身元の確認を行いますので、住所が記載されていることが必要です。
なお、「マンション名と号室」など、住所の一部しか記載がないものは提出できません。

上記記載の証明書が用意出来ない場合は奨学金相談センターにお問い合わせください。
日本学生支援機構 奨学金相談センター
電話 0570-666-301(ナビダイヤル・全国共通)
受付時間 9時00分~20時00分(土日祝日・年末年始を除く)

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。