1.ワークショップの趣旨及び目的

全国の大学等の管理者及びキャリア教育・就職支援に携わる教職員に対し、キャリア教育から就職まで一貫した支援をより充実させるため、産業界からの参加を得て、講演やトークセッション等を行い、教育界と産業界双方の要望や課題等について認識を共有することで、より実践的な産学連携教育の推進を図ることを目的として開催します。

2.開催日時・会場等(予定)

■東京
日時:平成30年11月13日(火曜日)10時00分~17時00分
会場:タイム24ビル(東京都江東区青海2-4-32)

定員:100名

■大阪
日時:平成30年11月20日(火曜日)10時00分~17時00分
会場:グランフロント大阪北館タワーB10階ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB
(大阪府大阪市北区大深町3-1)

定員:100名

3.プログラム(予定)

時間 内容
10時00分~10時05分 挨拶
日本学生支援機構
10時05分~10時25分 オリエンテーション(アイスブレイク)
九州産業大学 教授 聞間 理 氏
10時25分~11時35分 基調講演「キャリア教育と人材育成」(仮)
共愛学園前橋国際大学 学長 大森 昭生 氏
(11時05分~11時35分) トークセッション
11時35分~11時50分 振り返り
九州産業大学 教授 聞間 理 氏
11時50分~12時50分 (昼食・休憩)
12時50分~13時00分 事前説明
九州産業大学 教授 聞間 理 氏
13時00分~13時50分 講演1「これからの社会における新たな働き方と人材育成」(仮)
〔東京〕株式会社堀場製作所 加藤 法生 氏
〔大阪〕富士ゼロックス株式会社 古川 利正 氏
(13時30分~13時50分)トークセッション
13時50分~14時00分 (休憩)
14時00分~14時50分 講演2「これからの社会における新たな働き方と人材育成」(仮)
Institution for a Global Society株式会社(IGS) CEO 福原 正大 氏
(14時30分~14時50分)トークセッション
14時50分~15時00分 (休憩)
15時00分~16時00分 パネルディスカッション
「大学と企業における人材育成の連携、高校・大学・社会のトランジション」(仮)
<モデレーター>
小樽商科大学 大津 晶 氏
<パネリスト>
1.国立教育政策研究所 立石 慎治 氏
(初等中等教育及び大学でのキャリア教育)
2.株式会社堀場製作所 加藤 法生 氏(企業での人材育成) ※東京のみ
3.富士ゼロックス株式会社 古川 利正 氏(企業での人材育成)※大阪のみ
4.Institution for a Global Society株式会社(IGS) 福原 正大 氏
16時00分~17時00分 全体会
九州産業大学 教授 聞間 理 氏

4.受講対象者

(1)大学、短期大学、高等専門学校の管理者(学長、副学長、理事等)、課長相当職以上の部職員。
(2)大学、短期大学、高等専門学校でキャリア教育・就職支援業務等を担当される教職員。

5.受講申込

※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

(1)申込人数
東京と大阪を合わせて、各大学等2名までとします。
(2)申込方法
申込フォームに必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。申込フォームへは、下の「申込フォームへのログイン」からお入りください。(受付期間中のみリンクが表示されます。)なお、申込にはログインIDとパスワードが必要となります。ログインIDとパスワードは、対象となる学校等に平成30年9月25日付けで送付しました「平成30年度キャリア教育・就職支援ワークショップ受講申込登録について」の最上段に記載しておりますので、ご確認ください。
(3)受付期間
平成30年9月28日(金曜日)11時00分~10月12日(金曜日)17時00分
※土曜日、日曜日、祝日は受付いたしません。

6.受講者の決定

(1)決定方法
先着順といたします。
(2)決定通知
1.申込時に御登録いただく「連絡担当者」宛に電子メールにより通知いたします。
2.申込手続きの完了後に自動送信される「受講申込登録 兼 受講決定通知」をもって受講決定といたします。

  • 上記メールの写しを印刷し、当日、必ず御持参ください。文書による通知は行いません。

7.費用等

(1)受講料は、無料です。
(2)旅費等その他の費用については、各大学等または受講者の負担といたします。宿泊先についても、各大学等または受講者で手配してください。


この情報をご紹介ください。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部学生支援企画課キャリア教育室
  • 電話03-5520-6170
  • E-mailinternship【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。