令和2年9月1日

令和2年度調査へのご協力について

本調査は、大学、短期大学、高等専門学校における障害のある学生の修学支援の充実に資するため、平成17年度より実施しています。平成19年度以降、ほぼ100%の回答率を維持する悉皆調査として、本機構の障害学生支援のみならず、国や各大学等の様々な取組に活用されています。関係者各位のご協力に改めて感謝申し上げますと共に、本年度調査にも変わらぬご協力をいただきますようお願い申し上げます。

また、今年度は、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う緊急事態宣言等、大学等におかれましても例年とは異なる状況の下、障害学生支援にも影響が及んでいることと思われます。この状況についての調査も併せて実施することといたしましたので、重ねてご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

なお、本調査は、以下の点に留意して実施いたします。
・調査は統計的に処理を行ない、個々の学校の状況は公表しません。
・学校単位の個別情報や個人情報の課題・管理については十分な配慮を行ないます。
・収集した情報は、研究及び政策立案のために使用しますが、学校及び個人が特定できる分析は行ないません。

新型コロナウィルス感染予防対策に関する状況調査について

新型コロナウイルス感染症予防対策が障害学生および障害学生支援にどのような影響を及ぼしたかについてのオンラインアンケートです。

本アンケートについては、令和2年9月30日(水曜日)をもって、回答を締め切りました。

なお、アンケートの設問全文は、以下のとおりです。

令和2年度(2020年度)障害のある学生の修学支援に関する実態調査について

調査票について

基本的な調査内容は変わりませんが、今年度から回答の記入方法が大きく変わりました。例年の調査票のExcelファイルに、以下のシートが追加してあります。
〇診断名検索
〇障害学生情報入力シート
〇卒業生情報入力シート
〇発達障害(診断書無・配慮有)情報入力シート
〇発達障害(診断書無・配慮有)卒業生情報入力シート
入力シートへの入力方法については、9月1日付で学校宛てにお送りした依頼状に同封した「調査の手引」でご確認ください。「調査の手引」は、以下からもダウンロードしていただけます。

調査票

回答を記入する調査票は、以下よりダウンロードしてください。
調査票の様式は、学校種(大学、短期大学、高等専門学校)によって違います。以下の調査票形式(Excel形式)のうち、貴学に該当する様式をダウンロードしてください。
なお、今年度は新調査票への移行期間といたします。以下の調査票をご確認いただき、新方式でのご入力がどうしても難しいという場合は、昨年度までと同様の入力方式の調査票をお送りしますので、本ページ末尾のお問合せ先までメールでお知らせください。

※令和2年10月23日に、調査票の修正版をアップロードしました。

各調査票の右側にある「記入上の注意」はパソコン画面上でご覧になるのに適した形になっているため、印刷してご覧になりたい場合は、以下のPDFをダウンロードしてご利用ください。

【回答締切】
令和2年12月18日(金曜日)
回答を記入した調査票を、メールに添付して、以下のメールアドレス宛にお送りください。
メールのタイトルや回答のファイル名については、「調査の手引」をご参照ください。
回答先メールアドレス:kaitou【@】jasso.go.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

【注意】

  • 今年度は、新型コロナウイルス感染予防対策の影響により、回答期限を延長しております。上記回答締切までにご提出ください。
  • 障害学生が在籍していない学校もご回答ください(障害学生在籍の有無に関わらず回答する欄があります)。
  • 同一大学内に短期大学(部)を有している場合は、「大学・大学院用調査票」「短期大学調査票」のそれぞれを使用し、大学分と短期大学分の2通の回答を作成してください。
  • 統合された学校でも、旧校名での在学学生がいる場合は、旧校名宛にも依頼状をお送りしています。旧校名の在籍学生分は、統合先の学校とは別に、旧校名の回答を作成してお送りください。
  • ダウンロードした調査票様式または「調査の手引」ファイルが破損している等で開けない場合または、ウェブサイトからダウンロードできない場合等は、下記へお問合せください。

本件に関するお問い合せ先

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)学生生活部障害学生支援課
  • 電話03-5520-6176
  • FAX03-5520-6051
  • E-mailtokubetsushien【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。