【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):その他、聴覚・言語障害(難聴)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出があった
  • ニーズ聞き取りのための面談を実施した
  • 申し出を受けた部署(者):教育部門(学部・学科、担当教員等)

2.支援が必要とされた場面:授業・研究指導

相談内容

  • 外国語の授業において、講義担当教員の声、外国語の音声が聞きづらい

申し出内容と配慮の提供

申し出内容:難聴のため、講義担当教員や流れてくる音声を復唱するヘルパーを配置してほしい

決定した配慮内容:担当教員がレジュメやスクリプトを用意し、当該学生へ提供

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 配慮内容の決定は学校が行ない、学生には決定後に通知した

協議に参加した部署(者):教務担当部署、教育部門(学部・学科、担当教員等)

配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 日々の授業の中で支援対象学生と担当教員で配慮状況を確認できる

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

申し立てはなかった

その後の経過、課題等

記載無し

【参照】