事例紹介

機関の属性

都道府県

事例が起きた時期

平成30年度
発生時期:その他

当該学生の属性

私立大学 年次:4 障害種:重複

相談者

保護者

相談内容

障害特性に応じた合理的配慮の提供を要求したが、学校の教育方針優先とのことから不提供。建設的対話にも応じようとしない。結果、今年3月に卒業はできるが、成績は不当に下げられた。配慮されなかったため低い評価。

機関の対応

  • 当該校との間に立って調整した
  • 当該学生の障害理解、意思表明等に関して支援した

対応の具体的内容:当該校の担当課長に連絡したところ、「発表」の代わりに「レポート」とした代替提案等、大学の対応を確認。不当な差別的取扱いは見られず、むしろ合理的配慮の提供がなされている印象。
同日、相談者に連絡し、大学に相談の事実を伝え、同学の障害者差別解消に向けた一層の取組を要請したことを伝え、対応終了。

その後の経過、課題等

記載なし