事例紹介

事例が起きた時期

平成30年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

国立高専、学校規模:500から999人

対象学生

学科(専攻):工学、年次:4、障害種:発達障害(発達障害の重複)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):教育部門(学部・学科、担当教員等)
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施なし

2.支援が必要とされた場面

授業・研究指導

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 教務担当部署 教育部門 学生相談部門
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、定期面談を行なっている
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている。

相談内容

記載なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:理解不足の低学年科目の再聴講

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:本来、既に単位を取得した科目についての再聴講は認められていなかったが、その科目の理解不足のため、4年次で履修した授業についていけなくなっていたため、再聴講を希望したもの。再聴講が認められ学生は授業に出席した。
事後評価:ニーズを完全には満たしていないが、学生も概ね満足している
事後評価の理由・詳細:再聴講の実施によって進級できたため

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

現在、来春の卒業を目指して勉学に励んているが、就職活動との両立が難しい。

【参照】