事例紹介

事例が起きた時期

平成30年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:10,000人以上

対象学生

学科(専攻):保健(医・歯学)、年次:1、障害種:発達障害(ADHD)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):障害学生支援部署
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施なし

2.支援が必要とされた場面

授業・研究指導

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 教務担当部署 教育部門
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった。学生の配慮の申し出は、障害学生支援担当の全学的教員組織が受け付けて、合理的配慮の内容を決定し、学部に送付する。学部内でその内容を再度検討した後、その学生を担当する教員に配慮依頼を行なう。その後、担当教員と学生、場合によっては障害学生支援担当の全学的教員組織の教員を交えて、建設的対話を行い、最終的に提供される配慮内容が決まる。
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった。
  • 当該学生に対して、定期面談を行なっている。
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている。

相談内容

複数の作業を同時処理することが困難であることから、語学の授業(英語)において、教員より口頭で伝えられる和訳について、ノートをとることが難しい。

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:授業で使用するスライドを事前に配布してほしい。

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:授業において、教員がスライドの資料を事前配布した。
事後評価:ニーズを満たし、学生も満足している
事後評価の理由・詳細:申し出の通りの配慮を決定し、実施したため。

申し出内容2:板書の撮影許可

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:授業の際に、学生が自ら板書を撮影することを許可した。
事後評価:ニーズを満たし、学生も満足している
事後評価の理由・詳細:申し出の通りの配慮を決定したため。

申し出内容3:(語学の授業(英語)において)教員より和訳が口頭で伝えられる場面において、全文訳を紙媒体で提供してほしい。

提供した配慮:学校が提案した配慮=授業終了後に、教科書の例題の回答をメールで送る。
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:授業終了後に、教員が当該学生に対し、教科書の例題の回答をメールで送ることとした。その範囲は全文訳ではなく、一部分のみの和訳となってしまった。教員が教材や和訳が流出することを過度に懸念しすぎたことと、英語の授業であるため、英文の和訳を全文提供することは、講義の本質を変更するものではないかと心配したことが理由である。
事後評価:ニーズを満たせなかったが、学生は理解し、我慢している
事後評価の理由・詳細:こちらの提案を受け入れた

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

当該授業に関し、単位は取得した。
他の学生との公平性に慎重でかつ当該支援学生に提供した資料が他の学生に出回ることなどを危惧した教員が、提供する資料の範囲を過度に制限してしまったため、当該学生が十分満足できる資料を受領することができなかった。

【参照】