事例紹介

事例が起きた時期

令和元年度
発生時期:進級時

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):理学、年次:4、障害種:発達障害(ASD)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):学生生活支援担当部署
  • 支援の申し出を受け付ける申請書(様式):有
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施した

2.支援が必要とされた場面

授業・研究指導 実習、フィールドワーク等

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 教務担当部署 教育部門
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 当該学生に対して、定期面談を行なっている
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている

相談内容

記入なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:研究室配属時の配慮 記憶して取り組むことが難しく、化学分野専攻だが、化学式を覚えることが難しい。

申し出内容2:可能な範囲で質問への丁寧な対応。

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

本人の興味のある分野、かつ丁寧に対応できる教員の研究室に配属となったため、本人は安心して修学している。困ったことがあればその都度障害学生支援部署と指導教員に相談し、対応している状況である。
今後は、就職支援が課題となるため、キャリアサポートセンターと連携が必要であるが、本人は障害があることを伝えずに就活したいという希望を持っており、キャリアサポートセンターに本人が自己開示できていないため、連携が難しい状況が続いている。

【参照】