【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:10,000人以上

対象学生

学科(専攻):理学、4年次、発達障害(ASD)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出があった
  • ニーズ聞き取りのための面談を実施した

2.支援が必要とされた場面:授業・研究指導

申し出内容と配慮の提供

申し出内容:言葉だけでなく筆記での意思表明も難しいため、発表形式の変更をしてほしい

決定した配慮内容:申し出通りの配慮を提供した

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 配慮内容の決定は建設対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 決定した配慮内容について学内関係部署に配慮依頼書を配付した


協議に参加した部署(者):障害学生支援部署、教育部門(学部・学科、担当教員等)

配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 配慮を提供した(しなかった)学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 配慮を提供した(しなかった)学生に対して、定期面談を行なっている
  • 関係部署(者)に対してその後の状況に関して情報共有、聞き取り等を行なっている

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

申し立てはなかった

その後の経過、課題等

通常は論文提出と口頭試問(発表)で学位認定を行なうが、ディプロマポリシーに照らし合わせて検討した結果、自ら考えて発表すること・質問にたいし本人の考えで振り返ることが優先されると考え、パワーポイントで資料を準備し、それを指し示すことで発表を行ない、質疑に関しては書面で質問をもらい、後日書面で回答することとし対応した

【参照】