【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

公立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):その他、大学院、発達障害(ASD)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出があった
  • ニーズ聞き取りのための面談を実施した
  • 申し出を受けた部署(者):その他

2.支援が必要とされた場面:授業・研究指導

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:コミュニケーションのフォロー、人間関係のつまづき

決定した配慮内容:申し出通りの配慮を提供した

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 配慮内容の決定は建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 配慮内容の決定は学校が行ない、学生には決定後に通知した
  • 決定した配慮内容について学内関係部署に配慮依頼書を配付した


協議に参加した部署(者):学生生活支援担当部署、施設・設備担当部署、教育部門(学部・学科、担当教員等)、保健管理部門、学生相談部門

配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 配慮を提供した学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 配慮を提供した学生に対して、定期面談を行なっている
  • 関係部署(者)に対してその後の状況に関して情報共有、聞き取り等を行なっている

申し出内容2:スケジュール管理

決定した配慮内容:申し出通りの配慮を提供した

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった


協議に参加した部署(者):学生生活支援担当部署、教務担当部署、教育部門(学部・学科、担当教員等)、保健管理部門

配慮決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 配慮を提供した学生に対して、定期面談を行なっている
  • 関係部署(者)に対してその後の状況に関して情報共有、聞き取り等を行なっている

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

1.申し立て

申し立て受けた部署:学生生活支援担当部署
申し立て内容:寮の宿泊日が少なく、他学生との交流も普通にできない


2.申し立てへの対応

申し立ての対応に関わった部署(者): 学生生活支援担当部署、施設・設備担当部署、保健管理部門
申し立てへの対応手順: 担当教員、委員教員が聞き取り、委員会へ諮問し、対応について検討・協議を行なった
申し立てへの対応内容: 宿泊日を可能な限り増やし、担当教員が当該学生の要望や精神状態を見ながら周囲とのコミュニケーションをサポートした
対応に対する学生の反応: その他
学外機関との連携、協議等: 学外機関と連携・協議し、提供できる配慮を調整した

その後の経過、課題等

コミュニケーションサポートであるため、教職員でどこまでフォローが可能、または不可能であるかを検討・協議して、対応内容について学生・保護者に説明を行なった。保護者の理解を得て、寮宿泊の日を可能な限り増やし、寮宿泊でない日は通学してもらったが、学生本人の理解を得るには時間を要した。寮や生活面の支援には今後も検討が必要と思われる。

【参照】