【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度
発生時期:授業開始後

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:2,000から4,999人

対象学生

学科(専攻):工学、3年次、その他の障害

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出があった
  • ニーズ聞き取りのための面談を実施した
  • 申し出を受けた部署(者):保健管理部門

2.支援が必要とされた場面:授業・研究指導

申し出内容と配慮の提供

申し出内容:一般的な解法とは異なる別解法でのアプローチでの学習を認めてほしい

決定した配慮内容:申し出通りの配慮を提供した

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 決定した配慮内容について学内関係部署に配慮依頼書を配付した


協議に参加した部署(者):教務担当部署、教育部門(学部・学科、担当教員等)、保健管理部門

配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 配慮を提供した学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

申し立てはなかった

その後の経過、課題等

中学生のときに発達障害との診断を受けたが、高校時代は通院せず、一般の学生と同じように授業を受けていた。大学入学の際に、中学時代に診断を受けていたとの申し出があり、保健センターの方と定期的に面談することとなった。保健センターの方との面談で、本人より、「授業で教授が教えてくれる解法があるが、それとは違う解法があるので、それを答えても認めてほしい」との話が出た。数学などの解法の話である。本人は若干こだわりがある傾向があり、保健センターの方が、本人の話を受けて、学務課に配慮の連絡をしてきた。その連絡を受けて、学生が関わる担当教員に本人の希望を伝えた。

【参照】