事例紹介

事例が起きた時期

平成30年度
発生時期:授業開始後

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:10,000人以上

対象学生

学科(専攻):社会科学、年次:2、障害種:病弱・虚弱(内部障害等)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):障害学生支援部署
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施した

2.支援が必要とされた場面

授業・研究指導 留学(カリキュラム上必須)の準備

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 教務担当部署 教育部門
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった。
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている。

相談内容

記載なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:治療の副作用のため、授業内試験を欠席した場合の代替課題を提供してもらいたい

配慮の不提供を決定した不提供の理由:教育の目的・内容・機能の本質的な変更となるため
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:配慮依頼文書の配布
事後評価:ニーズは満たせず、学生は納得していないと思われる
事後評価の理由・詳細:その後病状が悪化し、評価を受ける機会を逃した教科があったため。

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

保護者と連携し、専門医に診ていただけるよう、海外の情報も含め、情報提供を行なった。
保護者をエンパワーし、最終的には学生本人の下宿先に近い医療機関の専門医に見ていただけるようになった。
学生本人には、留学出発2ヵ月前から出発直前までの期間、自分の病状の変化(好転した状況や、それでもなおのこる不安・不安定要因)について、所属学部の先生にどのように相談すればよいかとの相談をうけ、アドバイスを行なった。

【参照】