事例紹介

事例が起きた時期

令和元年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):教育、年次:1、障害種:病弱・虚弱(内部障害等)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):学生生活支援担当部署
  • 支援の申し出を受け付ける申請書(様式):有
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施した

2.支援が必要とされた場面

授業・研究指導 実習、フィールドワーク等

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 教務担当部署 教育部門 保健管理部門
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 当該学生に対して、定期面談を行なっている
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている

相談内容

記入なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:症状によって授業の途中退席や欠席をする場合があるため、欠席時の資料配付・試験や休講等の重要な情報の伝達・追試の実施・代替課題等の配慮を希望する。

申し出内容2:疾患により食べられるものに限りがあるため(油っぽいものを控える)、泊まりがけのフィールドワークで出る食事が心配。食べられないものがあることを理解してほしい。

申し出内容3:フィールドワークで長時間外に出られないため、自分のできる活動に変えて欲しい。

申し出内容4:修学中、体調不良が生じた際に保健管理センターで休養する。

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

その後の経過、課題等

体調悪化の際には無理せず障害学生支援部署や教員らに相談するよう促し、自身でも注意しながら過ごしているため、順調に修学できている。

【参照】