【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度
発生時期:授業開始後

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:10,000人以上

対象学生

学科(専攻):社会科学、3年次、精神障害(他の精神障害)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出があった
  • 申し出を受けた部署(者):学生相談部門

2.支援が必要とされた場面:試験の評価、単位取得、卒業要件等

相談内容

特定授業での欠席が多かったため何らかの配慮を依頼してほしい。

申し出内容と配慮の提供

申し出内容:特定授業での欠席が多かったが評価時に何らかの配慮をしてほしい

決定した配慮内容:障害者でない学生との比較において同等の機会の提供とはならないため、配慮を提供しなかった

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 配慮内容の決定は学校が行ない、学生には決定後に通知した

協議に参加した部署(者):障害学生支援部署、教務担当部署、学生相談部門

配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ
特に不満が挙がらなかったため、特にフォローアップは行なっていない

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

申し立てはなかった

その後の経過、課題等

本人に対し、配慮を行なわないことについて関連部署との連携で複数者による説明を行なった。支援部署担当職員1名で決定したのではないことで了解につながったと考えられる。

【参照】