【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:1,000から1,999人

対象学生

学科(専攻):教育、3年次、精神障害(神経症性障害等)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出があった
  • ニーズ聞き取りのための面談を実施した
  • 申し出を受けた部署(者):その他

2.支援が必要とされた場面:授業・研究指導

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:体調が悪い時の休憩場所が欲しい

決定した配慮内容:申し出通りの配慮を提供した

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 決定した配慮内容について学内関係部署に配慮依頼書を配付した


協議に参加した部署(者):障害学生支援部署

配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 配慮を提供した学生に対して、定期面談を行なっている

申し出内容2:試験の欠席時、レポート提出の締め切り延長などへの配慮を希望する

決定した配慮内容:配慮を提供しなかった
不提供の理由:教育の目的・内容・機能の本質的な変更となるため

配慮内容の決定について

  • 配慮の提供について学内の関係部署による検討・協議を行なった
  • 配慮内容の決定は建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 決定した配慮内容について学内関係部署に配慮依頼書を配付した


協議に参加した部署(者):障害学生支援部署

配慮決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 配慮を提供しなかった学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 配慮を提供しなかった学生に対して、定期面談を行なっている
  • 関係部署(者)に対してその後の状況に関して情報共有、聞き取り等を行なっている

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

1.申し立て

申し立て受けた部署:障害学生支援部署
申し立て内容:体調が悪い時に、一時的なものでないことから、学内の他部署での休憩の利用を断られた

2.申し立てへの対応

申し立ての対応に関わった部署(者):障害学生支援部署

申し立てへの対応手順

  • 支援担当部署で検討し、休憩場所の提供を行なった
  • 支援室の開室時間に合わせた、利用のルールを設けた
  • 関連部署・者と情報共有をはかった


申し立てへの対応内容:自身の状況に合わせて、休憩場所を利用している
対応に対する学生の反応:引き続き協議中

その後の経過、課題等

一次的な対処でしかなく、病理の根本の解決に至らず、修学上の不安定さが出ている。当初は本人の状態が良く時間内に休憩室(学生支援室)を使用していたが、講義の出席が増えるにつれ夜間まで使用時間がずれこむようになり、休憩室の終了時間を設けた。ただし発作等が起きた場合は延長等の対応を行なっている。

【参照】