事例紹介

事例が起きた時期

令和元年度
発生時期:受験時

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):理学、年次:1、障害種:重複

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):学生生活支援担当部署
  • 支援の申し出を受け付ける申請書(様式):有
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施した

2.支援が必要とされた場面

受験・入学 授業・研究指導 式典、行事、説明会、シンポジウム等への参加

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 教務担当部署 教育部門 保健管理部門
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 当該学生に対して、定期面談を行なっている
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている

相談内容

記入なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:入学式は別室待機。

申し出内容2:オリエンテーションは、後ろの席でドア付近に着席。

申し出内容3:アドバイザーとの面談は研究室で個別対応。

申し出内容4:健康診断は終了間際に受診。

申し出内容5:具合が悪いとトイレに頻繁に行かなくてはならないため座学よりは動きのあるものがよく、興味関心に偏りがあり苦手と感じるものには取り組めないといった特性があることから、苦手とする授業を避け、興味のある授業を履修できるようにしてほしい。

申し出内容6:修学中、体調不良が生じた際に保健管理センターで休養する。

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

その後の経過、課題等

本人のニーズに応じた対応を行ない、また本人が大学生活や学び方に慣れてきたこともあり、落ち着いて修学できている。何か困ったことがあれば、相談するよう促し、事態が悪化する前にフォローできるようにしている。

【参照】


この情報をご紹介ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

バックナンバー