事例紹介

事例が起きた時期

令和元年度
発生時期:入学後

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:2,000から4,999人

対象学生

学科(専攻):保健(医・歯学を除く)、年次:1、障害種:肢体不自由(下肢機能障害)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):学生生活支援担当部署
  • 支援の申し出を受け付ける申請書(様式):無
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施した

2.支援が必要とされた場面

受験・入学 授業・研究指導 実習、フィールドワーク等 式典、行事、説明会、シンポジウム等への参加 学生寮への入居、施設等の利用やサービスの提供 通学

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 入試担当部署 学生生活支援担当部署 施設・設備担当部署 教育部門 学科
  • 配慮内容の決定過程:建設的対話を通じて学生との合意の上で行なった 当該学生は参加せず、決定後に通知した
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 当該学生に対して、感想・不満等の聞き取りを行なった
  • 当該学生に対して、定期面談を行なっている
  • その後の状況に関して、関係部署(者)に聴取、情報共有を行なっている

相談内容

記入なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:最短通学路に警備のための門扉があり自力での開閉が困難なので常時開けておいてもらいたい。

申し出内容2:運転免許取得後の自家用車での通学と駐車場の確保。

申し出内容3:寮生活に関すること(1)駐車場の確保、2)食堂へのワゴンの持ち込み、置き場の確保、3)シャワーブースへの椅子の持ち込み、置き場の確保、4)車イスの置き場所の確保)。

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

定期的に、申し出本人に困ったことがないか確認をしており、本人より、問題ないということを確認している。

【参照】