事例紹介

事例が起きた時期

平成30年度
発生時期:受験時

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):記載なし、年次:記載なし、障害種:視覚障害(弱視)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):入試担当部署
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施なし

2.支援が必要とされた場面

受験・入学 

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施なし
  • 検討協議に参加した部署(者): 入試担当部署 教育部門 保健管理部門
  • 配慮内容の決定過程: 当該学生は参加せず、決定後に通知した

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

特にフォローアップは行なっていない

相談内容

記載なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:試験時間の1.3倍の延長及び別室受験

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:実際に本人から出願はなかった。
事後評価:ニーズを満たし、学生も満足している
事後評価の理由・詳細:申し出のとおり,対応したため。

申し出内容2:拡大鏡の使用

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:実際に本人から出願はなかった。
事後評価:ニーズを満たし、学生も満足している
事後評価の理由・詳細:申し出のとおり,対応したため。

申し出内容3:カーテン(開閉可能なもの)の付いた窓側の座席と大きな机の準備

提供した配慮:学校が提案した配慮=ブラインドの付いた窓側の座席と大きな机を準備する。
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:実際に本人から出願はなかった。
事後評価:ニーズを完全には満たしていないが、学生も概ね満足している。
事後評価の理由・詳細:その後特に何も言ってきていない。

申し出内容4:問題冊子は22ポイント程度に拡大されたものと原寸大のものを各1冊ずつ配付

提供した配慮:学校が提案した配慮=17ポイント程度に拡大されたものと原寸大のものを各1冊ずつ配付する。
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:実際に本人から出願はなかった。
事後評価:ニーズは満たせず、学生は納得していないと思われる
事後評価の理由・詳細:申し出に対し,十分な対応が可能であると回答しなかったため。

申し出内容5:解答用紙はできるだけ拡大されたものを配付

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:実際に本人から出願はなかった。
事後評価:ニーズを満たし、学生も満足している
事後評価の理由・詳細:申し出のとおり,対応可能と回答したため。

申し出内容6:試験室とトイレへの案内

提供した配慮:申し出通りの配慮
配慮内容決定時での合意形成:できた
提供した配慮の具体的内容:実際に本人から出願はなかった。
事後評価:ニーズを満たし、学生も満足している
事後評価の理由・詳細:申し出のとおり,対応可能と回答したため。

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

記載なし

【参照】