大学等における障害学生支援に係る情報を紹介しています。
各機関の情報共有の場を目指しておりますので、貴機関における大学等教職員向けの研修や学生対象の各種イベント、取組などの情報をお寄せください。
投稿に当たっては以下の投稿フォームをご利用ください。

投稿フォーム送付先
独立行政法人日本学生支援機構
障害学生支援課
電話:03-5520-6173 FAX:03-5520-6051
E-mail:tokubetsushien【@】jasso.go.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

■2020年10月のお知らせ

■2020年8月のお知らせ

「第16回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(オンライン特別企画)」のご案内(筑波技術大学・PEPNet-Japan)

第16回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム」は参加者が一堂に会す形の企画は中止し、オンライン特別企画として実施することとなりました。新しい形のシンポジウムで皆さまのご参加をお待ちしております。

実施期間

2020年11月から約1か月間程度。(各企画により配信期間が異なります)

プログラムの一例

オープニング企画「障害者差別解消法見直しから考える障害学生支援」
企画1「聴覚障害学生を理解する―教育背景と心理から―」
企画2「オンライン授業で変わるユニバーサルな授業作り」
企画3「オンライン授業における合理的配慮―渦中にいた学生たちは―」
企画4「オンライン授業は聴覚障害学生支援に何をもたらしたか」
学生のための座談会「先輩にきいてみよう!大学生活のちょっとした疑問(仮)」等

各企画の詳細につきましては、以下のウェブサイトをご覧下さい。

お問い合わせ先

筑波技術大学 PEPNet-Japan事務局
電話/FAX:029-858-9438
E-mail:pepj-info【@】pepnet-j.org
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

令和2年度版障害者白書について(内閣府)

障害者白書は、障害者基本法に基づき、平成6年から毎年政府が国会に提出している年次報告書であり、障害者のために講じた施策の概況について明らかにしているものです。

内容

令和2年度版障害者白書は「障害への理解促進・交流等の取組や心のバリアフリー等の推進,各分野における障害者施策を掲載」、「教育、雇用、生活、まちづくり、情報・意思疎通など、官民の取組、具体事例を40項目のトピックスで紹介」の2つのポイントを押さえ、全5章となっています。また、新型コロナウイルス感染症への対応についても補章として触れています。
高等教育に関する内容としては、第2障で「高等教育への修学の支援」として障害のある人が障害を理由に高等教育への進学を断念することがないように、修学機会を確保することの重要性を述べ、出願資格について、必要に応じて改善することや、合理的配慮を行い、障害のない学生と公平に試験をうけられるように配慮することなど、適切な対応を求めています。

入手方法

全国の政府刊行物センター、官報販売所等で購入できます。

問い合わせ先

内閣府共立社会政策障害者施策担当
TEL:03-5253-2111(代表)


この情報をご紹介ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。