本研修会は、講義・演習形式のカリキュラムにより、障害学生支援の実務者を育成することを目的としています。基本的な知識の習得や対応の向上等を図ることを目的とした基礎プログラムと、障害学生支援を担当する教職員個々の専門知識の向上や実践面の向上を図ることを目的とした応用プログラムに分けて実施します。

基礎プログラム開催報告

障害学生支援の実務者を育成するための基本的な知識の修得や対応の向上等を図ることを目的に、「障害学生支援実務者育成研修会(基礎プログラム)」を開催しました。

【関東地区】
日程:平成30年8月23日(木曜日)・24日(金曜日)
会場:東京国際交流館プラザ平成
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:171人
【関西地区】
日程:平成30年8月30日(木曜日)・31日(金曜日)
会場:兵庫国際交流会館
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:138人

1.開催内容
研修会当日は、障害のある学生の支援ニーズと学校の支援方法、支援者の育成、就職支援等に関する講義のほか、グループに分かれての所属校の課題の発見等に関する演習(協議)等が行われました。
開催後に実施したアンケートでは「先進的な取組や事例を通して支援における留意点を知ることができ、勉強になった。」「グループ協議をしたことで、ネットワークを作る機会を得ることができた。」といった回答が寄せられました。

障害学生支援実務者育成研修会(基礎プログラム)

2.プログラム
<1日目>(9時40分から16時55分)
障害支援学生に関する基本的な考え方
学生のニーズと修学支援方法A~身体障害の事例を中心に~
学生のニーズと修学支援方法B~発達障害の事例を中心に~
学生のニーズと修学支援方法C~精神疾患等の事例を中心に~
<2日目>(9時40分から16時30分)
支援の流れと教職員の役割・相談体制
支援の育成とICT活用
障害学生の就職支援
与えられた課題に対する解決策の協議

応用プログラム開催報告

障害学生支援を担当する教職員個々の専門的知識の向上を図ることを目的に、「障害学生支援実務者育成研修会(応用プログラム)」を開催しました。

日程:平成30年9月13日(木曜日)・9月14日(金曜日)・12月12日(水曜日)
会場:東京国際交流プラザ平成
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:69人

1.開催内容
9月の研修では、合理的配慮の決定過程、支援人材の活用促進等、実践を重視した演習や、12月の研修で扱う取組課題の検討等を行ないました。受講者はその後、取組課題を約3ヶ月間かけて所属校で取り組んだ後、取組結果をレポートにまとめ、今回の研修において共有や協議、評価等を行ないました。
開催後に実施したアンケートでは「支援の温度差があるが、逆に自大学の支援を見直す良い機会であった。」「他大学と情報共有でき、課題等の再確認ができた。」などの感想が寄せられました。

障害学生支援実務者育成研修会(応用プログラム)

2.プログラム
前期
<1日目>(9時45分から16時45分)
障害学生支援のための学内ネットワーク構築に関する基本的な考え方とマネージメント
合理的配慮の決定過程1
<2日目>(9時45分から16時15分)
合理的配慮の決定過程2
支援人材の活用促進
取組課題の検討・共有
後期
(9時45分から16時15分)
取組課題の報告・検討
協議課題の全体発表・評価・再検討
振り返り・まとめ


お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 障害学生支援課
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6174
  • FAX03-5520-6051
  • E-mailkyoshoku2【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。